韓国ドラマ(雪の女王)4話

スポンサーリンク

KBS韓国ドラマ(雪の女王)4話のあらすじ(ネタばれ)、内容です。

ポラの運転手として、初めての通勤するハントゥック(テウン)。

病院から出てくるポラを待つトゥック(テウン)。
車の中で、どこに行くのか聞くポラ。
学校へというトゥック(テウン)。
車を飛び出すポラ。

ファッションショー会場にて、ポラは、こないだのパーティーで絡んできた男に出会う。ポラを探しにトゥック(テウン)が入ってくる。
トゥック(テウン)を避けようとするポラは、デートしようとその男についていくのであった。駐車場で、その気のないポラは、帰ろうとするが、無理やり車に乗せられてしまう。そこへトゥック(テウン)が助けに現れる。

学校の授業に行くポラ。
ポラが授業を受けている間に学校見学をするトゥック(テウン)。
数学のレポートをやってもらおうと見合いした医者(コヌ)に電話をするポラ。
断るコヌ。

図書館で、ポラが横にいるのも気がつかずに、数学雑誌を読むトゥック(テウン)。1時間17分待ったというポラ。

医者(コヌ)が来る。わざわざ来たんだから、飯をおごれというコヌ。
ポラとふたりで食事に行く。

残ったトゥック(テウン)は、ポラの数学のレポートを代わりに提出に行くが、書いていない部分を見つけ、自ら書き足すのであった。

授業でポラはレポートを返されるが、教授がすごくよくできているので、次の授業の時に発表するよう言うのであった。
トゥック(テウン)に「医療も知っていて、英語ができて、数学ができて、正体はなんなのか」と聞くポラ。

数学のレポートの内容は、図書館の雑誌から写したというトゥック(テウン)。ふたりでその雑誌を探すが(トゥック(テウン)が書いたからあるはずはないのだが)・・・。

探しているうちに、雪の女王という本を偶然見つけるトゥック(テウン)。
近づいてくるポラに、「雪の女王はどこに住んでいるか知っているか」と聞くのである。「ラップランドに住んでいるんだ」とポラに言うトゥック(テウン)。
「どうして知っているの」と聞くポラ。
高校時代、家出をした時に会った娘に教えてもらったんだ。
ラップランドに行きたがっていた娘だった・・・と。

遂に、ふたりの過去がつなっがる瞬間が訪れた。次話へ。

スポンサーリンク