韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)26話

スポンサーリンク

KBS韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)26話のあらすじ(ネタばれ)です。

ヨンナムセン将軍は、謀反を起こしたと全ての貴族を捕まえるよう配下に指示を出す。
自ら兵を率いて、プギオンの家に行くのである。
全ての貴族がプギオンの家に連れて来られるのだが、プギオンは元より、全ての貴族が膝まづいて許しを請うのであった。亡き父、ヨンゲソムン大将軍の為に、許すことにするヨンナムセン将軍。

クンナク寺で祈りを捧げる王の姪(スジョン)は、気配を感じ、仏像の裏に近づく。
チョリンがスジョンの前で倒れこむのであった。
チョリンを看病するスジョン。

プギオンの配下が、ヨンナムゴンに、ヨンナムセン将軍が貴族を捕まえたと報告するのである(勿論、許されて放免されたことは言わない)。それを聞いたヨンナムゴンは、怒り、自分が大将軍になると決意するのであった。

ヨンナムセン将軍が貴族を捕まえて、貴族が許しを願い出たという話を聞くヤンマンチュン将軍。
他の将軍が、ヨンゲソムン大将軍すらできなかったことをした。偉いという中、ヤンマンチュン将軍は、ヨンナムセンは、失敗したと言い放つのであった。
プギオンは、ヨンナムセンに従っているように見せているだけで、ヨンナムゴンを利用するに違いないと…、ヨンナムセンに、ヨンナムゴンと和解しろと、もし和解しない時は、ヤンマンチュン自ら行くと伝えろとテジュンサン将軍をピョンヤン城に送るのであった。

コラン族を訪ねるソリンギ将軍。
コラン族族長が、なぜ、コラン族の為に、大敗したと言わなかったのかと聞くが、ソリンギ将軍は、唐は自分を見捨てたが、母の地(コラン族の地)は、自分を見捨てなかったからと答えるのである。
食事を食べたら出て行くというソリンギに、コラン族族長は、ソリンギ将軍を中心に最後まで戦うと誓うのであった。

和解をしなければ、ヤンマンチュン将軍自らピョンヤン城に来るという話を聞いたプギオンとシンソンは、ヨンナムセン将軍に会い、これは、ヤンマンチュン将軍がヨンナムセン将軍を信じていないからだと、ヤンマンチュン将軍が来る前に、ヨドンに出撃したほうがいいと言うのであった。
ヨンナムセン将軍がヨドンに行っている間に、ヨンナムゴンを大将軍に仕立てようとするプギオンの計略である。

これを聞いたヨンナムセン将軍の参謀、シンホンは、今は、ピョンヤン城に基盤を作らないといけないから、出撃してはいけないと進言するのだが…。
自分を信じないのかというプギオンに、昨日の敵をすぐ信じられますかと言うシンホンであった。
(シンホンとシンソンは、兄弟か、義兄弟、先輩後輩のどれからしい。とにかく、知り合いだ)

コンモジャム将軍と兵士だけを連れて、ヨドンに進軍するというヨンナムセン将軍。
他の将軍は、ピョンヤン城を守れと命じるのであった。

ヨンナムセン将軍は、進軍する前に、王の姪(スジョン)に会いたいからと、テジョヨンをクンナク寺に迎えに行かせるのだが、まだ祈りが終わっていないからと断るスジョンであった。
チョリンらしき人影を見るテジョヨン。

祈っている王の姪(スジョン)の前に、チョリンが現れ、もう大丈夫だから出て行くと伝え、寺の門から出て行くのだが、テジョヨンが門の外で待っていたのであった。
倒れるチョリン。チョリンを抱きかかえるテジョヨン。その様子を見る王の姪(スジョン)。次話へ。

スポンサーリンク