韓国ドラマ(黄真伊:ファンジニ)4話

スポンサーリンク

KBS韓国ドラマ(黄真伊:ファンジニ)4話あらすじ(ネタばれ)です。

川辺の石の上で遊ぶファンジニとウノ。
ウノに心を許すファンジニである。

一方、ドソン(首都)では、ソンサンギ(貴族に献上する妓生)を選べという公文が降りて、郷吏長(スマン)は、ファンジニはどうかと考えるのであった。

綱渡りをやって何を覚えたかか聞くペンム。
足の感覚はまだ覚えられなかったけど、心を集中させることを覚えました。
そのこととの方がもっと重要だと感じていますと答えるファンジニであった。

苦心して考えた妓生(キセン)の統率者(ペンム)は、ついにファンジニを連れてドソンに向かうのであった。
この話を聞いたウノは、非常に落ち込むのであった。

ドソンで、ペンムは、ソンサンギ制度の問題点を指摘し、その代案として、女楽経営(宮中宴会で、妓生が楽器を奏で舞うこと)を提案した。

妓生(キセン)に重要なものは、愛でもなく、・・・でもなく、苦痛だというペンム。

ファンジニを尋ねるウノだが、ドソンから帰ってきたファンジニは、女楽経営を前に、修練に力を注ごうと誓い、ウノに会わないことにするのである。
揺れる心を引き締めようと、琴を習い始めるファンジニだが・・・。

橋の上でファンジニを待つウノ。ファンジニが来る。琴を弾くファンジニ。
横でファンジニの似顔絵を描くウノ。
夜遅くまで過ごす二人。

母の前で琴を弾くファンジニ。音がきれいで深いという母。何かいいことがあったのかと聞く母。琴の音がそう言っているという母。
父はどんな人だったの。会いたくないのか聞くファンジニである。

ファンジニは、妓生(キセン)になる身だ。遊びならやめろ。ファンジニの為に全て捨てることができるかと聞かれるウノ。

全てを知ったウノの母は、ウノを連れてファンジニを尋ねる。
ファンジニの頬をたたくウノの母。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 黄真伊 and tagged .