韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)32話

スポンサーリンク

あけまして、おめでとうございます。
KBS韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)32話のあらすじ(ネタばれ)です。

大将軍になる資格があるのは、ヨンゲソムン大将軍の息子だ。
ヨンナムセンは、逃げたから資格がない。
自分しかいないが、民の支持がない自分は、放棄すると言うヨンナムゴンであった。

高句麗が生き残る道は、文武がひとつになることだ。
プギオンをNO.2に任命するならば、大将軍の任命を受けると言うヤンマンチュン将軍であった。

寺院に戻ろうとするヨンナムゴンに、国が安定したら、お前を大将軍にするからそばにいて助けろと言うヤンマンチュン大将軍。

一方、唐では。
赤ん坊の時、コラン族の族長に拾われたこと、その時、一緒にあった短剣だとシンホンに言うイヘゴ。
イヘゴが持っている短刀を見て、自分が昔忠誠を誓った将軍(高句麗の将軍)の物だと、イヘゴがその将軍の息子だと気づくシンホン(ヨンナムセン参謀)は、悩んだ末、高句麗侵略の秘策をイヘゴに伝えるのであった。

プギオンは、ヤンマンチュン大将軍に会い、ヨンナムセンが唐に忠誠を誓ったと言い、唐と和平するように言うのであった。
民を守るためには、最後まで戦わないといけない。民がひとつになってこそ平和を守れる。唐の和平は高句麗を滅亡させようとする策略だと言うヤンマンチュン大将軍。

唐のスパイに、ヨンジュの唐軍まで密書(ヤンマンチュン暗殺)を届けさせようと、ある納屋に入っていく唐の暗殺者、納屋で寝ていたフクストルを唐のスパイと間違い、ヤンマンチュン暗殺の話、密書を渡してしまう。

オゴル城に着くヤンマンチュン大将軍。オゴル城、城主の目の輝きがおかしい。次話へ。

スポンサーリンク