韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)15話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)15話のあらすじ(ネタばれ)です。

弓の練習をするチュモンを見て、一度、弓が上手な武士を見たことがある。ヘモスという将軍だったと言うヨンタバルに、その人が自分の師匠だったと言うチュモン。

ソソノの部屋に、今日の取引項目ですと書類(木簡)を持ってくるチュモン。
欲がないのですねと言うソソノに、自分がプヨ国の為にできるものが何か考えています。いつかは出来ることがあるでしょうと、兄は問題を解決したけど、根本的な問題を解いたわけではない。漢が決心すればまたそうなる。プヨ国自身で解決できる方法がないといけないと言うチュモン。
できるなと思ったソソノが、方法がありますかと聞くが、ないと答えるチュモンであった。

モッパルモ(剣製造責任者)、ムソン(看守長)、オイ、マリ、ヒョンボを集めて、準備をすると言うチュモン。一番重要なことは、強い剣を作ることだ。強い剣の秘密を探すことがプヨ国の為になる。強い剣を作るために力を注ぐと言うチュモンであった。

テソ王子が、ヨンポ王子が剣の密売に関わった事を知り、知っている者を殺せと命じる。命を狙われるモッパルモ(剣製造責任者)をチュモンが助ける。
テソ王子を訪ね、剣を奪っただけでも大きな罪なのに、剣製造責任者を殺そうとするとは…、無謀なことはするな。自分達に危険があれば、兄たちも怪我する…と言い放ち去るチュモンであった。

コサン国という所に塩の山があるという事を聞いたことがあると言う母の話を聞いて、オイ、マリ、ヒョンボに、プヨ国にいるコサン人を探させるチュモン。コサン人に会い、コサン国に塩の山がある事を確信したチュモンは、ソソノに取引したいことがあると言うのであった。次話へ。

スポンサーリンク