韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)22話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)22話のあらすじ(ネタばれ)です。

ヨンポ王子、トチ商団に拉致されるブヨン。
ヨンポ王子、トチ商団の送った刺客が神宮に進入する。戦う神女ヨミの護衛だが守りきれない。宮殿の外へ脱出する神女ヨミであった。

ヨンポ王子が神宮に刺客を送ったことを聞いたテソ王子は、いい方向に収拾しないといけないと、自分の護衛に神女ヨミの行方を捜して殺せと命じるのであった。

ヨンタバルに護衛を送る神女ヨミ。ヨンタバルと共に一緒にヨミに会いに行くことにするチュモン。
ヨミの隠れ家に、テソ王子の刺客が現れる。戦うヨミの護衛。
危機一髪のところをチュモンとヨンタバルの護衛長が助けるのであった。
「タムラリ」を壊したのが自分であること。その理由で、プヨの害になると言われているが、必ず王になる。民の為に…と言うチュモンに、それは天が決めたことだ。自分は王子に罪を犯した。自分の罪が何なのかは、時が来れば話すと言うヨミであった。

プヨ国の神宮を出るとクマ王に告げるヨミ。
神宮を出る前に、話があって来たとユファ夫人を訪ねるヨミ。
啓示で、プヨ国の害になる3つの足の鳥(三足鳥)を見た。それは、ヘモス将軍だと思っていた。しかし、ヘモス将軍が亡くなった後も、三足鳥が飛んでいる。まだ、弱いから、よく見てあげないといけない。プヨ国は私を捨てた。三足鳥に仕えると言うヨミであった。三足鳥は、チュモンだということだ。

支援すると言うヨンタバルに、今は時ではない。天地天命に捧げる時だと言う神女ヨミ。
チュモンに会い、私は天地天命の意志を間違って伝えた。罪を言って許してもらわないといけない。クマ王を父と貴方は思っているが、父親は別にいる。クマではなく、ヘモス将軍だと伝える神女ヨミだった。
次話へ。

スポンサーリンク