韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)25話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)25話のあらすじ(ネタばれ)です。

漢軍が野営している場所に奇襲を掛けるチュモン、オイ、マリ、ヒョンボ。
鉄の鎧を着た官軍(鉄騎兵)に、弓矢を放つチュモンだが、鉄の鎧に矢が跳ね飛ばされる。
弓矢で首を狙うチュモン。矢が刺さり倒れる鉄騎兵。
遊民を救出する三人であった。

漢の鉄器製造技術者をプヨ国に送る許可を取ったと言い、テソ王子に娘を紹介するヒョント城太守(ヤンジョン)。昔、クマ王と自分の父は友達だったと聞いていた。気に入らなかったら、結婚を断ろうと思っていたと言う太守の娘(ヤンソルラン)であった。

チュモンがヘモス将軍の子供だという噂があるがと言う正妻に、チュモンは自分の子だ、そんなことを言うやつは誰でも許さないと言い放つクマ王。

神女ヨミの弟子(ソリョン)は、ピョリアを連れ、ユファ夫人に会う。
チュモン王子は、プヨ国を離れないといけないと言うピョリアに、今はプヨにいないと言うユファ夫人。
長く離れないといけない。そうしないと死ぬと言い放つピョリアであった。

ヒョント城太守(ヤンジョン)を訪ね、鋼鉄の武器を手に入れたいと言うヨンタバル。
プヨ国と漢の間には、チョルボン国がある。チョルボン国が鋼鉄の武器で武装していれば、プヨ国は動けない。チョルボン国にはお金があるから、チョルボン国が武器を買えば、漢にお金が沢山入る…と、漢を説得して欲しいと言うヨンタバルであった。

オイ、マリ、ヒョンボに、朝鮮の遊民がどの程度いるのか。どこに囚われているのかを調べろと命じるチュモン。王子になって、何をすればいいか分からなかったから、世継ぎを断った。今、何をしないといけないか分かったと言うチュモンであった。

ヒョント城に来ていたソソノと偶然会うチュモン。
鉄騎兵と戦ったこと。遊民を全て見てみたいことを告げ、自分があげた指輪をソソノがしていることに気づくチュモンであった。父ヨンタバルが、鋼鉄の武器を手に入れようとしていること、テソ王子がヒョント城にいることを告げるソソノ。

テソ王子が手を回し、漢軍をチュモンの元へ向かわせる。
鉄騎兵、漢軍を蹴散らすチュモン、オイ、マリ、ヒョンボ。

テソ王子が、プヨ国に漢の鉄器製造技術者を連れてきて、朝鮮の遊民だとクマ王に嘘を言う。

ヘモス将軍と武術の訓練をした山で、オイ、マリ、ヒョンボに、プヨ国に帰る前に言うことがあると言うチュモン。プヨ国に帰る自分は、プヨ国の王子ではなく、タムル軍の子孫として帰るのだ。自分の父は、ヘモス将軍だ。ヘモス将軍の遊民を集めて、失くした土地を取りも出す。俺と一緒に行くかと言い放つチュモンであった。はいと答える三人。次話へ。

スポンサーリンク