韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)28話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)28話のあらすじ(ネタばれ)です。

オイ、マリ、ヒョンボに、恩讐でもヨンポ王子と手を組む計略だと言うチュモン。
チュモン、ヨンタバル、ソソノに、黄土の量が重要だ。漢の剣よりももっと優れた剣を作ると言うモッパルモであった。

目の光も、成そうとしている姿(自尊心)も今までと違ってよく見えるとチュモンに言って微笑むソソノ。
テソ王子が連れてきた鉄器製造技術者が朝鮮の遊民でなく、漢の鉄器製造技術者であること。ただの鉄器製造技術者ではないかもしれないから注意するように言うソソノであった。

宮殿内の鉄器製造所を訪ねるチュモン。
新しい鉄器製造技術者がいるが、遊民出身かと聞くチュモン。
オイ、マリ、ヒョンボに、新しい鉄器製造技術者が入った。他の事をする可能性がある。漢の太守が送ったスパイだ。監視しろと命じるチュモンであった。

ヨンポ王子を酒席に呼び、戦争をして貢献する以外、テソ王子に勝てないと言うチュモン。

護衛を集め、漢と戦うことになったら、我々が先鋒に立たないといけない。今から鉄騎兵に対抗する訓練をする。第1に首を狙え。第2に馬から落として首を狙えと…。

遊民を救う為に、チンボン、インドゥンを攻めると宣言する王。反対する臣下達。
チンボン、インドゥンを攻めても、漢は他で戦争中だから、援軍を送ってくる可能性はない。ヘモス将軍とクマ王が率いたタムル軍がなぜ強かったか、それは、民を守るという強い意志があったからだ。我々も、プヨを守るという意志があれば勝てない戦いはないと言い放つチュモンであった。
そこへ、ヨンポ王子が、自分が戦いの先鋒を務めると叫ぶのであった。

鉄器製造技術者に化けたスパイが、漢の太守(ヤンジョン)に、プヨ国がチンボン、インドゥンを攻めると連絡する。テソ王子も手紙(木簡)を漢の太守に送り、自分がクマ王を止めると…。

チュモン王子が戦いを説得したこと。ソソノが商団を率いて、軍商をしようと考えているがどうか判断してほしいと神女ヨミに聞くヨンタバル。

漢が攻めて来た時の王の護衛は問題ない。漢の鉄騎兵に対応して訓練して来たと、護衛の訓練をクマ王、臣下に見せるチュモン。ビックリする王、臣下達。

宮殿のチュモンを訪ねるソソノ。
戦争になったら、商団を率いて軍商になると言うソソノ。危ないから駄目だと言うチュモンに、王子だけ戦場に送って、自分だけ待っているわけにはいかない。王子の為だけでなく、自分の為だ。待っていたら、死んでしまうかもしれないと言うソソノであった。抱き合う二人。

サチュルドに使者を送り、2万の兵を出せと言うが、王の命令を拒否し、使者の首を送ってくるサチュルドであった。サチュルドの部族長は、正妻の親戚で王の戦争を止めるよう正妻が手を回していたのであった。次話へ。

スポンサーリンク