韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)29話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)29話のあらすじ(ネタばれ)です。

チンボン、インドゥンを攻めると聞いて来た遊民が一緒に戦いたいとプヨの王宮に集まってくる。各地にいるタムル軍が来て、会いたいと言っていることをクマ王に告げるチュモン。遊民の前に出るクマ王。戦いで先鋒に立つ。命を掛けて朝鮮の遊民を救いたいと言う遊民に、タムル軍の名誉を守れなかった自分を許せと言うクマ王であった。まだ、遅くはない。自分達が王と一緒に…と言う遊民であった。

宮殿にいる兵士だけで攻めると言うクマ王。自分に反対するものは罰すると臣下に言い放つクマ王であった。遊軍で軍隊を作れとチュモンに命令するクマ王。

鉄器製造技術者に化けた漢の刺客がクマ王暗殺に動き出す。偶然、部屋から出たチュモンが、護衛を殺していく人影に気づくのであった。すばやく、王を非難させ、刺客と戦うチュモン。全てかたづたチュモンに、刺客を確認しろと命じるクマ王。テソ王子が連れ来た鉄器製造技術者と判明するのであった。テソ王子と漢の太守ヤンジョンの関係を調査しろとチュモンに命じるクマ王であった。

テソ王子に、刺客との関連はないことを王に告げるから、戦いの先鋒を務めると王に言うように諭すチュモン。王の御前で、テソ王子と刺客との直接の関係がないこと。テソ王子が戦いの先鋒を務めるから許して欲しいと言っていることを告げるチュモンだが、先鋒の大将として、チュモンを命ずるクマ王。テソ王子とヨンポ王子にチュモンを助けろと命じる王であった。次話へ。

スポンサーリンク