韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)32話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)32話のあらすじ(ネタばれ)です。

ソソノを助ける為、神女ヨミがソンヤンのピリュ郡長を訪ねる。
郡長の運命が見える。ケールのヨンタバル郡長と和平を結べと…。ケールが鋼鉄の剣を作った。プヨ国と漢の戦いは、プヨ国が勝つと言う神女ヨミだが、プヨが勝つとは思わない。ヨンタバルを許せない。帰れと言うピリュ郡長であった。
ソソノの命は、天地天命に任せるしかないと去って行く神女ヨミ。

ヨンタバル郡長の反応がない為、ソソノを殺せと命じるピリュ郡長。
ソソノが切られそうになる瞬間、弓矢が…。ソソノを救い出すチュモンであった。泣くソソノ。

我々が戦場に行っている間、サチュルドが何をしでかすかわからないと心配するチュモンに、サチュルドの息子を戦場に出させてあるから大丈夫だ。これは、権力を守る戦いだ。ユファ夫人を守る戦いだと言うクマ王であった。

ヒョント城太守(ヤンジョン)に密書を送るテソ王子。オイ、マリ、ヒョンボがその密書を奪う。
テソ王子に、大きな成果をあげられたのは、兄のお陰ですと密書を出すチュモン。兄の気持ちは分かるが、罪は許せない。以後、このようなことがあれば…、と警告するチュモンであった。

戦場に向かうプヨ軍。ヤンジョンの送った漢軍(鉄騎兵)。戦いが始まる。次話へ。

スポンサーリンク