韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)34話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)34話のあらすじ(ネタばれ)です。

プヨ国の新しい神女マウリョンが王の治療をするが、天に任せるしかないとあきらめてしまう。神女ヨミだったらと言うヨンポ王子。テソ王子をクマ王の代理とすると決める臣下達。

酒場で酒を飲むオイ、マリ、ヒョンボ。もう、宮殿の護衛の職を辞めると言うオイ、ヒョンボに、守らないといけない人がいる。ユファ夫人(チュモンの母)を守らないといけない。正妻とテソ王子が何をするか分からない…と護衛を止めないよう言うマリであった。

テソ王子に、王の味方だった者を排除しろと進言する正妻(テソ王子の母)。クマ王の味方だった臣下を殺し、牢獄に入れるテソ王子。新宮を利用して、民の心を掴めと言うプヨ国参謀ブドゥックブル。

テソ王子に、ヒョント城太守(ヤンジョン)の親書を渡す使者。
戦争を避ける方法は、ヒョント城太守(ヤンジョン)の娘(ヤンソルラン)と結婚することしかないと臣下に話すテソ王子。賛成するプヨ国参謀ブドゥックブル。

テソ王子から護衛長官に任命されたテソの護衛(ナロ)が、モッパルモ(剣製造責任者)を拷問する。漢の剣より強い剣を作れるはずだ…と。テソ王子に渡したくないモッパルモ(剣製造責任者)は作れないと嘘を突き通すのであった。

ヨンタバルにクマ王を助けに行くと言う神女ヨミ。クマは、私を捨てたけれど、私は捨てられないみたいだ…と。

チュモンを忘れろと言うテソ王子に、チュモンの亡骸を見るまでは信じられない。死んだとしても貴方(テソ王子)には行かないと言い放つソソノであった。

ヨンタバル商団、オイ、マリ、ヒョンボ、ユファ夫人の助けで、クマ王を治療する神女ヨミ。
一度、目を覚ますが…。結果がどうなるか分からないと言う神女ヨミ。

ユファ夫人を王の寝室から出させろと護衛に命じるテソ王子。次話へ。

スポンサーリンク