韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)37話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)37話のあらすじ(ネタばれ)です。

臣下の前に、テソ王子に代理摂政を命じたことが告げられる。
大将軍に、テソ王子が、戻らなければ家族を殺すと言っていることを告げる護衛長官(ナロ)。
考えた末、投降する大将軍であった。

宮殿を出て、チュモンを探すオイ、マリ、ヒョンボ。
ハンベク族反乱軍主導者がヒョント城太守(ヤンジョン)に使者を送り、チュモン王子を捕まえていると告げるのだが…。死んだやつを捕まえているとは…と一瞬思うヤンジョンだが、鉄騎兵を送って確認しろと命じるのであった。

戦時に、物を高く売って暴利な利益を得たと言う嘘の罪でテソ王子に捕まるヨンタバル。テソ王子の前に膝まづいて父を助けて欲しいと頼むソソノだが…。牢獄の中にいるヨンタバルに会うソソノ。泣くソソノに、お前がやることは、ケールとお前が生きる道を探すことだと言うヨンタバルであった。
ケール人は、今後プヨ国に入る事を禁ずると言ってヨンタバルを開放するテソ王子。

オイ、マリ、ヒョンボがチュモンを探している時に、鉄騎兵が過ぎ去る。鉄騎兵がこんな所まで来るとは何かあるはずだと思う三人は、護送されるチュモンを見つけるのであった。待ち伏せし、チュモンを助け出すオイ、マリ、ヒョンボであった。

漢の鋼鉄の剣よりも、強い剣を作ったとチュモンに渡すモッパルモ。
次話へ。

スポンサーリンク