韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)48話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)48話のあらすじ(ネタばれ)です。

待ち伏せされるような道をわざと来るのはおかしいと言うチェサ。
そこへ、モッパルモが来て、神女ヨミが攻撃を中止するように言っていた。神女ヨミが来るから少し待ってくれと言うモッパルモ。

これは、テソ王子の計略だ。過去、ヘモス将軍も同じ計略で捕まった。プヨ国参謀ブドゥックブルの計略だったと言う神女ヨミ。オイ、マリ、ヒョンボに確認しろと言うチュモン。遊民のすこし後に、離れて鉄騎兵が来ていると報告するオイ、マリ、ヒョンボ。

報告を聞いて、勝てば、ヒョント城太守(ヤンジョン)は、タムル軍に今後兵を送って来れないだろうとあえて攻撃をすると言うチュモンであった。最初に待ち伏せして、鉄騎兵を攻撃するチュモン。そして、プヨ軍の兵士を全て蹴散らすタムル軍であった。

ユファ、ソヤを人質として、来なければふたりの首を切るとチュモンに伝えろと言うテソ王子の母。
そのことを知ったオイ、マリ、ヒョンボは、神女ヨミに相談し、チュモンに話さずに3人だけで救出に向かうことにするのであった。次話へ。

スポンサーリンク