韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)49話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)49話のあらすじ(ネタばれ)です。

正妻に会い、テソに王位をやるから、ユファとソヤを保護しろと言うクマ王だが、もう、テソに権力があるのに、いまさら、王位を出す出さないの問題ではないと言い放つ正妻。

チャンジョン国を仲間に引き入れるためにチェサ、ムゴル、ムッコと共に行って来たチュモン。帰路で、ヒョント城太守(ヤンジョン)に密書を送るプヨの使者を発見するのであった。密書を奪うチュモン。その密書には、ユファ、ソヤを人質として、チュモンが来なければふたりを殺すという内容が書いてあったのだ。プヨに向かうチュモン。

オイ、マリ、ヒョンボを見つけ、思いっきり殴るチュモン。
これが、一番賢明な判断だと思ったと言う3人に、自分に知らせないで来た事が賢明な判断かと言うチュモン。大将が死ねば…、タムル軍は…と言う3人に、母と夫人の命の掛かった問題だ。お前たちは兄弟だ。お前らなくして、どうして大義をなせるか。我々は死ぬときは一緒だと言い放つチュモンであった。

医者から薬をもらい、死んだ振りをして外に脱出するユファの侍女。
チュモンに、チュモンの母(ユファ)の書簡を渡す。
絶対にプヨに入ってはいけない。母の事もプヨの事も考えてはいけない。遊民の事を先に考えろ。彼らの国を作ることがヘモス将軍の願いだ。この書簡を受けても、プヨに来るならば、自害する。母を失望させるな…と。

時間が過ぎ、ユファとソヤを切ろうとするテソ王子…だが切れずに剣を捨てる。
ヨンタバル商団の参謀がチュモンを訪ね、プヨに入る秘密の通路があると地図を渡すのであった。次話へ。

スポンサーリンク