韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)50話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)50話のあらすじ(ネタばれ)です。

ユファとソヤがいる限り、チュモンは、プヨ国を攻撃できない。だから、ユファとソヤを殺すのは時を待てとテソ王子に言うプヨ国参謀ブドゥックブル。

ヨンタバル商団参謀から、チュモンの母(ユファ)とソヤが部屋で軟禁されている情報を得て、秘密通路につながる洞窟に入っていくチュモン達。宮殿内に入り込むが、母、ソヤの部屋の周りに数多くの兵がいる事を知り、神宮に向かうチュモン。神女マウリョンを使い、重い病気の母には会えなかったが、ソヤに会うことに成功する。

母(ユファ)は動けない。自分も行けない。自分が行ったら誰が母を看病しますか。心配しないで早く行ってください。母との約束を忘れてはいけない。プヨに二度と来てはいけないと言うソヤ。
妊娠したと聞いた。短剣を折り、子供にこれを渡してくれ。会った時の証として…と言うチュモン。
母(ユファ)のいる方向へ敬礼して去るチュモンであった。次話へ。

スポンサーリンク