韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)6話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)6話のあらすじ(ネタばれ)です。

牢獄に、プヨ国の神女ヨミと参謀ブドゥックブルが入ってくる。隠れるチュモン。
なんで来たのかと不思議がるチュモンだが、看守にここに自分たちが来たことは誰にも言うなと去って行くプヨ国の神女ヨミと参謀ブドゥックブルであった。

宮殿で、剣をチュモンに選ばせて、攻撃して来いと言うテソ王子(長男)。
戦うふたり、チュモンの剣が折れる。チュモンの首に剣をあて、無謀な勇気は死だということを覚えておけと言い放つテソであった。

夜、酒を持って、剣の製造責任者のモッパルモを訪ねて、兄テスのような折れない剣が欲しいと、自分を守る為に…と言うチュモンだが、王の許可なく渡せないと断るモッパルモ。そこで、モッパルモに教えてもらい自分で剣を作り始めるチュモンであった。

漢が剣を作るのをやめろと、やめなければ全面戦争をしかけると言って来て、一旦剣の製造を中止する王。そこへ、漢の太守が剣の製造しているかどうか監視する為に来た。
チュモンが自分の剣を作っていて、爆発が起こる。ヨンポ王子(次男)の仕業であった。
剣の製造がばれ、剣の製造を止めるまで、塩の取引を中止すると言う漢の太守であった。

言い訳をしてみろと言うクマ王に、言い訳はないと言うチュモンであった。
私の期待を裏切ったことは許せない。王子の身分を剥奪する。宮殿から出て行けと言うクマ王。

母の部屋の外で敬礼して出て行くチュモンに宝石を渡す侍女。
町で、宝石を盗まれるのだが、盗まれたことにも気づかずに、酒場で酒を飲むチュモンであった。
金がなく店主にやられそうになるところへ、ヨンタバル商団のソソノが通りかかるのであった。
店主に自分が払うと言うソソノ。

ソソノを追いかけ、商団の人夫にしてくれと頼むチュモンに、商売人は、信用が大事だ。王子だと嘘をついたお前は駄目だと言い放ち、去るソソノであった。次話へ。

スポンサーリンク