韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)47話

スポンサーリンク

KBS韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)47話のあらすじ(ネタばれ)です。

牢獄に入ったチョリンに会い、計略を話すように言うコラン族長だが、自分を許さないで欲しいと言うチョリンであった。

コンモジャム、テジュンサン将軍他、将軍の前で、もし、計略に失敗したら、自分達が決死隊となって、最後まで戦う。その間に、ハン城を脱出してくれと言うテジョヨンの決意に、チョリンは信じないが、お前は信じると、計画通りにやると命令するコンモジャムであった。

チョリンに話せと、拷問しようとするイムン将軍。危機一髪のところで、テジョヨンが先制攻撃をして来たという情報が入る。出陣するイムン将軍。戦うイムン将軍とテジョヨン。

イヘゴが出陣するが、行くなと言うチョリン。それを聞いて、全滅するかもしれない、計略が判明する前に出陣してはいけないと言うシンホンであった。

20万人の唐兵と戦うテジョヨン達。退却しろ…とテジョヨン。追撃しろ…とイムン将軍。
腐り始めた兵の膝の血を吸い取り、治療するテジョヨン。兵の前に、多くの犠牲を与えている。許してくれと言うテジョヨンに、将軍と一緒に死ぬと言う兵士達であった。将軍…。将軍…。

兵士が死んで行くのを見るのは苦しいが、我慢して、我慢して、ペッピン山で、いっぺんに苦悩を晴らすと言うテジョヨン。一方、つわりで、赤ん坊が出来たことを知るチョリン。何とか逃げ出さなければと思うのだが…。

テジョヨンがペッピン山に向かって退却している情報を得たシンホンがテジョヨンの計略を見破り、イヘゴが出陣するのであった。一方、ペッピン山に入っていくテジョヨン達。何かがおかしい。渓谷に入る前に、渓谷を調べたほうがいいと言う配下の進言で、一晩泊まってから追撃することにしたイムン将軍。

夜、唐陣営に奇襲攻撃を掛けるテジョヨン。総攻撃を掛けろと命令するイムン将軍。
一方、ペッピン山の渓谷で唐兵を待ち伏せしている新羅キム将軍は、高句麗の兵が死のうが関係ない、ただ、新羅の勝利を掲げる為に来たと言い、一緒にいたテジュンサン将軍他、高句麗の将軍を殺そうとするのであった。傷を負って逃げるテジュンサン将軍とその配下達。

そこへ、高句麗の兵と唐兵が待ち伏せ地点に入って来る。高句麗兵が抜け出る前に攻撃する新羅兵。
唐兵と高句麗兵の上に、弓矢の嵐が…。唐兵と共に死んでいく高句麗兵。
弓矢をかわすテジョヨンだが…。次話へ。

スポンサーリンク