韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)52話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)52話のあらすじ(ネタばれ)です。

新しい国が誕生することを象徴する現象だとチュモンに言う神女ヨミ。
タムル軍と遊民を集合させろと命じるチュモン。
ビックリしたことだろう。これは、タムル軍、新しい世界、新しい国の象徴だ。漢、プヨの太陽が沈み、我々の太陽が昇ったのだ。見ろ!!! 新しく昇った太陽に三足鳥が飛び立つのだ。

兵を持たないという約束を破り、護衛部隊を作った。チュモンと内通したとソンヤンのピリュ郡長にソンヤンの牢獄に入れられるウテ(ソソノの旦那)。ピリュ郡長の落ち着くまで待つしかないと言うヨンタバル。

自分について悪く言って、民の心を混乱させている者を全て捕まえるようにナロに命じるテソ王子。
捕まえた者達を狂ったように切り殺すテソ。
兵を集めて、チュモンを殺すようにフクチ将軍に命じるテソ王子。チュモンを殺せなければ、お前の首を切ると…。

クマ王に、自分の間違った判断でプヨに害を与えてしまった。許して欲しい。王が復権しないといけない。プヨを救えるのは王しかいない。自分が手伝うと言うプヨ国参謀ブドゥックブル。

プヨの軍隊がポンゲ山に向かっているという情報がチュモンの元に入る。
兵を止め待たせて、チュモンに会いに行くフクチ将軍。チュモンにクマ王の伝言を伝えに来たと…。
次話へ

スポンサーリンク