韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)59話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)59話のあらすじ(ネタばれ)です。

ケールに向かう途中で野営するタムル軍。タムル軍の護衛兵を倒し、タムル軍に成りすまして忍び込むプヨのブブンノ。タムル軍では一人として疲れている者がいない。チュモンを見る目は尊敬の目だ。だれかが強要したものではないとチュモンとタムル軍が怖いと思うブブンノであった。

侵入者に気づくマリ。追跡し、侵入者を処置するオイ、マリ、ヒョンボだが、ブブンノのみ取り逃がしてしまうのであった。

ソヤとユリをチュモンに送ってくれと頼むユファ夫人に、時が来れば…と、タムル軍との戦いの危険がなくなった時…と言うクマ王。ユリが毒殺されそうになったことを話すユファ夫人だが…。
チュモンがタムラリを壊したのを知っているか。神女ビグムソンは、チュモンがプヨを滅亡させるという啓示をした。どうして、チュモンとタムル軍を警戒しないでいられるか。自分の許可なく、ソヤとユリをプヨから出せないと言い放つクマ王に、王と自分の縁を切ると心の中で思うユファ夫人であった。

ヨンポ王子と取引し、プヨ国に保管してある昔の朝鮮の記録を手に入れるチョン商団長。
兵を率いて、ポンゲ山に向かうテソ王子。

ケールに到着し、ソソノが別部隊を率いて、ソンヤンのピリュ郡長暗殺に向かったとヨンタバルに聞くチュモン。ソンヤン陣営に向かうと言うチュモンであった。

食糧倉庫に火をつけ、ピリュ郡長を襲撃しに行くソソノ達だが、やられてしまう。大怪我をして逃げるソソノ。ピリュ郡長より先にソソノを探せと配下に命じるチュモンであった。次話へ。

スポンサーリンク