韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)61話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)61話のあらすじ(ネタばれ)です。

チョン商団長に山の中で偶然会うユファ達。荷物の中にユリを隠し、人夫として、国境を越えようとするユファとソヤ。国境通過を許され、通過しようとするまさにその時に、追跡していたナロがやってくる。荷物に剣を突き刺すナロ。思わず、やめてと叫んでしまうソヤ。捕まり宮殿に引き戻されてしまうのであった。

ソンヤンのピリュ郡長に援軍を送ってやるから、貢物を出せと言うテソ王子。しかし、食料が不足していて難しいと断るソンヤンのピリュ郡長。

戦わずにチョルボンを統一する方法を考えていると神女ソリョン、ピョリアに言うチュモン。
チョルボンは、兄弟のような部族だと聞いている、各部族と郡長の特徴を詳しく話して欲しいとヨンタバルに言うチュモン。

最初に、カンナの部族をタムル軍が守るとカンナの郡長を説得するチュモン。
ソンヤンと漢にくっつくより、自分と一緒に新しい国を作るのはどうか…と。

カンナ郡長にハンナ郡長を説得させるチュモン。もし、ハンナ郡長が自分の意志を拒否するなら、タムル軍が攻撃すると伝えろと…。
ハンナ郡長は、形勢によってくっつくとヨンタバルが言っていた。だから、今は、タムル軍に形勢があると配下に言うチュモン。カンナ、ハンナ共、チュモンと一緒に行動することになった。

ソンヤンのピリュ郡長の元へマリとチェサを向かわせ、チョルボンの民が互いに戦うのは好まないと伝えるのだが、ソンヤンは戦うと言うピリュ郡長。
ピリュ郡長がソンヤンにチュモンひとりで来るよう要請してきた。
罠だと言うチュモン配下、ソソノ達だが、ピリュの民も我々が守らないといけない。同じチョルボンの民だ。自分の意志が天と合っているのなら、天が見捨てないだろうと、ピリュ郡長の元へひとりで行くチュモンであった。次話へ。

スポンサーリンク