韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)72話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)72話のあらすじ(ネタばれ)です。

民が盛大に迎える中、チョルボンに帰ってくるチュモン、ソソノとタムル軍。
民の前で、昔の朝鮮の地は、皆の力で取り戻したと叫ぶチュモン大将であった。

オイ、マリ、ヒョンボ、チェサ、ムゴル、ムッコ達を前にして、お前らのような同志がいなかったら、こうやって、酒を一緒に飲むこともなかった。思い存分飲めと部屋を出て行くチュモン。

ブブンノにソヤとマリの消息を聞くが、見つからなかったと答えるブブンノ。
マリを一度も見ることの出来なかった。どんな顔だったかと聞くチュモンに、目が真ん丸で、たぶん、チュモン大将の幼い頃に似ていたんじゃないかと思うと答えるブブンノであった。

ヒョント城の漢の民をどうするかと聞くソソノに、漢の民が残る事を願うならば、そうさせると答えるチュモン。

妻の恨みを晴らすと、牢獄に入れられていたファン大臣を殺すために連れて行くヒョント城の遊民。
チェサ、ムッコが止めようとするが…。
そこへ、チュモン大将が来る。殺せと叫ぶファン大臣に、殺すのは簡単だが、殺さないと言うチュモン。
まだ、捕虜として生きている遊民が沢山いる。捕虜になっている遊民との交換を漢に要求すると言い放つチュモン。漢に対する恨みを、殺して晴らすか、遊民を救うことで晴らすか、お前達が決めろと遊民に言い放つチュモン。大将の意志に従うと叫ぶ遊民達であった。

ヤンジョンの遺骨を持って、プヨに帰れとヤンソルランを開放するチュモン。
ヨンタバルが、ファン大臣を連れて、遊民交換の取引をしに、長安に行くことになるのであった。
昔の朝鮮の地を取り戻すと漢王に伝えろとファン大臣に言うチュモン。
プヨに帰ったヤンソルランは、護衛に医者を連れてこさせ、クマ王の薬に、毒を入れるように強要するのであった。

一方、ヨンタバルの妹は、ソソノが高句麗の王にならないといけないと画策を始めるのであった。

遊民交換に成功したヨンタバルが、遊民を連れてヒョント城に帰ってくる。
チュモン大将の前に膝まづき、大将様の為に命を捧げると言う遊民達に、皆は、ヒョント城の主人だ。ヒョント城に定着するのを助けると言い放つチュモンであった。

ヨンタバル妹の息子が、ソソノに高句麗の王は誰が成るのかと…。
前から、チュモン大将を高句麗の王にする事を約束していたと言うソソノに、ソソノ郡長が王にならないといけないと言うソソノの参謀。

助けた遊民の中にいた老人がチュモン大将を訪ねてくる。
昔の朝鮮を象徴する神物「青銅鏡」が、ヒョント城の地下倉庫にあると言う老人。
地下室に向かうチュモン達。地下室の棚には、昔の朝鮮の事が全て記録されている木簡が保管されている。青銅鏡を手にするチュモン。それには、昔の朝鮮の文字が刻まれていると言う老人。

昔の朝鮮の三種の神物「タムラファリ」「鋼鉄の鎧」「青銅鏡」を祭壇に並べ、敬礼するチュモン。
神物をひとつに集めたことを天に報告しますと言うチュモンであった。次話へ。

スポンサーリンク