韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)75話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)75話のあらすじ(ネタばれ)です。

高句麗のピリュ王子の商団を襲撃したチャン商団長が捕まったことを知ったユリは、母ソヤを連れて、逃げるのであった。高句麗オイ将軍がソヤを探すために行ったが…、時既に遅く、発った後であった。

一方、プヨ国では、ファン太守が漢と同盟を結ぶよう迫るが、高句麗は、建国以後1回も攻めてきたことがないと漢との同盟を断るテソ王子とプヨ国参謀ブドゥックブル。その知らせを聞いたクマ王は、テソ王子に、王位を授けると宣言するのであった。

山中で、なんで父がいないのか…、どんな人だったか…と聞くユリに時が来たら話す。プヨに行って探すものがあると言うソヤ。

プヨの王位戴冠式に行くと言うチュモンに、駄目だと言う臣下達。
死にに行くのではない。プヨとの戦いを防ぎ、高句麗をもっと強くする為に行くのだ。プヨが漢と同盟を結ばないようにし、高句麗がプヨと同盟を結び、漢を追い出す為に行くのだと言うチュモン王であった。

父に会いたいかとユリに聞くソヤ。お前の父は生きている。お前が父に会う為には証拠が必要だ。プヨ国の宮殿に隠してある。お前がその証拠品(そう、ソヤとの別れ際に、子供と会った時の証として短剣を折って渡したのだ)を探した後に、教えると言うソヤであった。

ピリュ王子を連れて、プヨ国に向かうチュモン王。
チュモン王が通り過ぎるのを道端で見つめるユリ。次話へ。

スポンサーリンク