韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)79話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)79話のあらすじ(ネタばれ)です。

ユリ…と叫びながら、火の海に飛び込んで行こうとするチュモン王を止める臣下達。
死んだと思ったユリ王子が、藪の中から、捕まえた刺客を連れて出てくる。刺客は、漢の兵士だったと告げるユリ王子。

マリ将軍とチェサ将軍に鉄器製造を完成させる秘策を与えるチュモン王。プヨ国に行き、食料、塩を与え、鉄器製造の秘法を教えると言って、プヨ国の鉄器製造技術者を連れて来るように命じるのであった。
テソ王子に会い、秘策を成功させるマリ将軍とチェサ将軍。

プヨ国の鉄器製造技術者を高句麗に連れてくるプヨ国ナロ護衛長官。見返りに、ヨドンとの戦いで、兵、馬を出すと言うナロ長官。高句麗の宮殿で、ユリをを見つけ、チュモンの息子のユリであることを知るナロ護衛長官であった。

プヨ国、神女マウリョンが祭壇の前で、プヨの暗雲を取り除いて、チュモンを排除してくれと天に祈ったのだが、突然、風が吹き、雷が鳴り、稲妻が祭壇に落ちるのであった。落雷で死ぬ神女マウリョン。

チュモン王に、死んだ鉄器技術者の恨みを晴らさないといけない。ヨドン城に、ファン太守の弟が来るという情報がある。自分に兵を与えてくれれば…と言うマリ王子。直接、兵を率いて出ると言うチュモン王であった。

刺客が簡単に高句麗に入った責任を問われ、国境守備隊の責任を持っていたヨンタバルの妹の息子が、牢獄に入れられたのを恨みに感じたヨンタバルの妹は、ソソノの息子のピリュ王子に、疑惑を持たせるようしむけるのであった。チュモン王のマリとピリュを見る目が違う。差別されるだろう。マリが王になるかもしれない…と。
弟ユリに世継ぎを渡すことはできないとソソノ王妃に言うピリュ王子。

ヨドンに向かうファン太守の弟と漢兵に奇襲を掛けるチュモン王、高句麗兵。
マリがファン太守の弟にやられそうになるところを助けるチュモン王。

気がついたソヤ夫人に会うソソノ王妃。
高句麗から離れる。自分が死ぬ前に、ユリに父を探させたかっただけだ。自分が王に会いたければ、ここに来たでしょう。大国を建てたのに、自分が王とソソノ王妃の重荷になるのが怖いと言うソヤに、ソヤが王の第一夫人だと言うソソノ王妃。それはできないと言うソヤ。一緒に出て、王の帰還を迎えようと言うソソノ王妃であった。

どうしたらいいかと聞くピリュ王子に、王とユリを排除する準備ができたというヨンタバルの妹。
妹が傭兵を雇ったとヨンタバルから聞いたソソノ王妃は、すぐに、兵を集めるよう命じ、自ら兵を率いて出陣するのであった。次話へ。

スポンサーリンク