韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)80話

スポンサーリンク

MBC韓国ドラマ(朱蒙:チュモン)80話のあらすじ(ネタばれ)です。

プヨ国の国境にいるクマ前王を尋ね、ユリを紹介するチュモン王。
ユリの手を握り、お前とお前の母に大きな罪を犯した。許してくれと言うクマ前王。
プヨと高句麗の同盟は、実体の同盟とはいえない。テソ王が真実の同盟を結ぶように支援してくれとクマ前王に頼むチュモン王。

チュモン王を奇襲しようと待ち伏せしているヨンタバル妹(チェリョン)とヤンタク。
そこへ、到着したソソノ王妃とサヨン(参謀)がふたりの謀略を防ぐのであった。
ピリュ王子が首謀者だと言うチェリョン。チェリョンとヤンタクを高句麗から追放しろとサヨンに命じるソソノ王妃であった。

ピリュ王子が連れてこられる。
お前が王を殺そうとしたのか。計略に陥る程、王に対する信が薄かったのかと言うソソノ王妃に、怖かった。王のユリに対する目付き、母から自分が捨てられるか怖かった。王になる為の自分の努力はまったく価値がないのか。母は自分の行く道を防ごうとするのかと言い放つピリュ王子。

ヨドン攻撃の準備は進んでいるが、米、食料が足りない…。夫人に任せるとソソノ王妃に言うチュモン王。
チェリョンとヤンタクを高句麗から追放した。王の許可なしにしたことを許して欲しいと言うソソノ王妃。

帰ってきたユリに、お前と自分の存在が高句麗に混乱を引き起こす可能性があるから注意しろと言うソヤ夫人。

ピリュ王子の心に大きな傷を残して、自分が何をしようとしているのか。王と高句麗に侍り、子供達を守っていけるのだろうか。分からなくなったとヨンタバルに言うソソノ王妃。

王を殺すという謀反を犯して、チェリョンとヤンタクが追放されたということを伝えるマリ将軍に、絶対に外に漏れないようにしろ。追放して収拾した王妃の心がわからないのかと言うチュモン王。

王子達に広い世界を見せてやりたいと、米の確保の為に、南方に行く商団を率いて行くようピリュ王子達に命じるのであった。商いを成功させ帰って来るピリュ王子達。

漢のファン太守が送った刺客に切られるクマ前王。
深手を負って、プヨ国に運ばれてきたクマ前王の寝室に、駆けつけるテソ王。
目を覚ましたクマ前王は、漢を追い出して、強い国を作るという自分の願いを…。その為には、高句麗と力を合わせないといけない。そうすれば、漢を追い出せるとテソ王に遺言を残して亡くなるクマ前王であった。

高句麗のチュモン王を尋ねるプヨ国のテソ王。
チュモン王に、前王の意思を受け継ぐ為に来た。高句麗と共に漢と戦う。信じてくれ。前王の恨みを晴らしたいと言うテソ王。
全ての戦略は、チュモン王に任せると言うテソ王。
直に、先制攻撃を掛ける。準備しろと配下に命じるチュモン王。
次話へ。

スポンサーリンク