韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)57話

スポンサーリンク

KBS韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)57話のあらすじ(ネタばれ)です。

捕まった暗殺団団員の様子を見に、アンドン都護府に行くポジャン王(元高句麗王)。
ソリンギ将軍に呼ばれて、クムランが入れたお茶を飲もうとするが、湯飲みの中にお茶の葉が…。
その事をミモサに話すポジャン王(元高句麗王)。熱いお茶の中の葉は、危険があるという知らせだ、捕まった団員を助けに行くのは、止めたほうがいいと言うミモサ。団員の救出に、暗殺団は動かないと決定するテジョヨン。

黒い袋を被せられ公開処刑の場へ連れて行かれる暗殺団団員達。
切れと命令するシンソン。
全員殺されたとコルサビウ、フクストルから聞くが、絶対に死んでいないと言い放つテジョヨン。

処刑の場に同席したポジャン王(元高句麗王)は、全て無能な自分の為だと落ち込むのであった。
そこへ、民が迫ってくる。反逆者を殺せとポジャン王(元高句麗王)に石を投げる民達…。
ヨンナムセンが兵を連れて助けに来る。

ベッドの上で。
高句麗の魂がまだあると思って、痛いのも忘れた。高句麗の民を遊民にしてしまった罰を受けたかった。大丈夫だとスジョン(王の姪)に言うポジャン王(元高句麗王)。
死んだ刺客たちが偽者だったと伝えるヨンナムセン。

暗殺団団員達に、テジョヨンは、お前たちを助けに現れなかった。味方になって、テジョヨンの居場所を吐けと言うシンソンに、殺せ、高句麗万歳、暗殺団万歳と叫ぶ団員達。牢に入れろと命じるシンソン。

なぜ、偽者とわかったのかと聞くコルサビウとフクストルに、あいつらは致命的な失敗をした…と。顔に袋を被せたから…。殺した後も、外さなかったと言うテジョヨン。早く、団員を救い、プギオン、シンソンを殺すと言い放つテジョヨン。

テジョヨンが攻撃してくる筈だ。プギオンとシンソンを狙ってくる。自分に任せて、隠れていろとシンソンに言うシンホンだが、自分がやると言うシンソン…。

暗殺団団員の前で、本当の勝負は今からだ。今から我々が攻撃すると言うテジョヨン。
ミモサ、ミモサの店の従業員、ポジャン王(元高句麗王)、ヨンナムセンを監視させるイヘゴ将軍とシンホン。ミモサの支援がないと難しいと考えたテジョヨンは、ミモサへの不信を晴らす計略を実行するのであった。

ミモサの店で。
今晩、テジョヨンが自分を殺しに来ると、不信を晴らす計略だとミモサに伝えるポジャン王(元高句麗王)。
ミモサの店に暗殺団が…。
居合わせたヨンナムセンに剣を向け、覆面を取るテジョヨン。次話へ。

スポンサーリンク