韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)58話

スポンサーリンク

KBS韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)58話のあらすじ(ネタばれ)です。

ミモサの店にいるポジャン王(元高句麗王)を襲撃することにより、ポジャン王(元高句麗王)とミモサへのソリンギ将軍の不信を取り除いたテジョヨン。

アンドン都護府に直接入って、シンソン、プギオンを殺し、団員を救うとポジャン王(元高句麗王)に告げるテジョヨン。反対するポジャン王(元高句麗王)だが…。暗殺団がアンドン都護府に入って来るとは、誰も考えないから、成功するかもしれない。方法がない訳ではない。考えを整理して話すと言うミモサ。

ソリンギ将軍は、ポジャン王(元高句麗王)をおとりにして、暗殺団を捕まえようとしている。それを利用する…とテジョヨンに伝えるミモサ。ポジャン王(元高句麗王)にアンドン都護府の計略に協力するよう書簡を送るテジョヨン。

一方、ヨンジュの地のコラン族陣営では。
唐の使者が来る。コラン族族長、チョリンの前で、テジョヨンを殺せば、唐王が賞を与えると言ってしまう唐の使者。テジョヨン、あの人が生きているなんて…。お前の父が生きていると赤ん坊に言うチョリン。どうやって生きたのか…と呟くチョリンであった。

明日、ポジャン王(元高句麗王)がおとりで、クムナク寺に行く。兵がいようがいまいが、アンドン都護府を攻撃する。この機会を逃せば、団員を助けることはできない。プギオン、シンソンを殺すことが出来ない。団員を招集しろとコルサビウに命じるテジョヨン。

前にある杯を持て…。明日のことは、誰も分からない。我々が生きれば、裏切者が死ぬ。我々が死ねば、この地の希望はなくなってしまう。一緒に生きるか、一緒に死ぬかだ…と団員の前で叫ぶテジョヨン。

計略当日、ポジャン王(元高句麗王)をおとりにし、共にクムナク寺に来ているイヘゴ将軍、シンホン、兵士たち。テジョヨンが現れる雰囲気がなく、何かがおかしいと感じるシンホンに、テジョヨンが現れるのを待つしかないと言うイヘゴ将軍。

アンドン都護府を攻撃するテジョヨン。
団員を救えとコルサビウとフクストルに命じ、自分がプギオンとシンソンを殺すと行くテジョヨン。
次話へ。

スポンサーリンク