韓国ドラマ(魔女ユヒ)3話

スポンサーリンク

SBS韓国ドラマ(魔女ユヒ)3話のあらすじ(ネタばれ)です。
【主要登場人物】ハンガイン(マユヒ役)、チェヒ(チェムリョン役)、デニスオ(ジョニクルコ役)、キムジョンフン(ユジュンハ役)、チョンヘビン(ナムスンミ役)

自分が入っている風呂に落ちたムリョンを殴り、出て行けと叫ぶユヒだが…、契約を破っていないから出て行かないと言い放つムリョン。

スンミが務めるホテルのシェフ(ジョニクルコ)を訪ねたムリョンだが、店から出てきたシェフ(ジョニクルコ)を従業員と勘違いし、無礼な言葉を投げかけるのであった。
スンミが来て、シェフだということを知ったムリョン。謝罪し、料理を習いたいと言うムリョンだが、断るシェフ(ジョニクルコ)。
自分が作った料理です。味見だけでもしてくれと渡すが、外に追い出されるムリョン。
味見して、GOOD!と言うシェフ(ジョニクルコ)だが…。

お見合いで、倒れそうになったユヒを支える相手。手がユヒの腰に…。何の真似だと、腕を締め上げ、投げ飛ばすユヒ。マンションに帰り、食事を作れとムリョンに命令するユヒ。
スーパーに一緒に買い物しに行こうと誘うムリョン。

スーパーで。
偶然、大学の同窓生(ユジュンハ)に会うユヒ。
何でここに?と言うユヒに、病院が近くだと言うジュンハ。
いつか、遊びに来い。病院に遊びに…はちょっと変かと立ち去るジュンハ。

ユヒの挫いた足をマッサージするムリョン。契約だからしっかりやらなければ…とムリョン。
恋愛映画を見ながら、あんな風にやらなければと、ユヒに教えるムリョン。
ユヒに迫ってくるムリョン。期待し目を閉じるユヒだが…。ユヒの体を越えて、テレビのリモコンを取るムリョン。

シェフ(ジョニクルコ)と契約書を交わそうとするユヒだが、印鑑をマンションに忘れたことに気づき、ムリョンに印鑑を持って来いと電話するユヒ。用があると言うムリョンに20分だけ待つ…と。
印鑑を持って来たムリョンに行けと言うユヒ。ご苦労さんの言葉ぐらい言ったらと言うムリョンに、行って仕事をしろと言うユヒ。

ユヒの会社で、シェフ(ジョニクルコ)とすれ違うムリョン。
あの人(シェフ)と親しいのか。料理テストを受けられるようにしてくれと頼むムリョンに、何でそんなことをしないといけないのか。契約書に書いてあるのかと言うユヒ。
人生に関わる問題だと言うムリョンに、お前の人生は私に掛かっている。行って仕事をしろと命令するユヒ。

マンションに帰るユヒ。
インテリアが変わっている。何をしたんだと言うユヒに、人が変わったのに、環境も変えないと…と言うムリョン。風呂には、バラの花びらが…。いたずらしているのかとムリョンを殴るユヒ。
…ユヒの回想…
ベッドの装飾を見ながら、幼い頃を回想するユヒ。
お母さん、どこにも行かないで…わかったでしょ…とベッドの中で言うユヒ。
オルゴールを開けて、…去る母親。
全て捨てろとベッドの装飾品を外す父親。

パランが病気だから小学校に迎えに行って欲しいとムリョンに電話するユヒ。
学校に向かうムリョン。パランを見つけ、大丈夫かと言うムリョンに、またおじさんか?姉貴が寄こしたのと聞くパラン。母親じゃなくて、姉か…、どうりで…と呟くムリョン。

スンミに仕事ができていけないと電話するムリョン。(スンミの誕生日でケーキも用意していたのだが…)
南山タワーに一緒に行く為にチケットを買っておいたスンミだが…。
スンミが捨てたチケットを拾い、スンミと一緒に南山タワーのロープウェイーに乗るシェフ(ジョニクルコ)。ソリョンを頼むとシェフに言うスンミだが…。

家に誰もいないからつまらないと言うパランを連れて遊園地に行くムリョン。
偶然、弟に出会い、留学せずに、家政婦をしていることがばれてしまうのであった。
黙っていてくれと弟に頼むムリョン。

マンションに帰ってきたユヒ。
パランは寝ていると思うと言うムリョンに、ご苦労様、ありがとうと言うユヒ。
家にパランを連れて行くユヒ。今日がパランの誕生日だったことを知るユヒ。

ユジュンハの病院を訪ね、扉の前で、入ろうかどうしようかと躊躇しているユヒ。
通路にユジュンハを見つけるが、そこに婚約者が…。
そのまま立ち去るユヒ。

ムリョンが留学していると両親を騙していること。家政婦をしていることを知るスンミ。
弟から居場所を聞きタクシーで向かうスンミ。

バーで酒を飲むユヒ。
電話しようとして、止め。雨の中を歩いて帰るユヒ。
マンションのチャイムが鳴って、外に出るムリョン。
ムリョンの腕の中に倒れ込むユヒ。
そこへ、スンミが向かって来ている。次話へ。

スポンサーリンク