韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)79話

スポンサーリンク

KBS韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)79話のあらすじ(ネタばれ)です。

ミモサを連れて、テジュンサン将軍に会いに長安の宮殿に向かうテジョヨン。
スギョン(ポジャン王の姪)と婚姻したことをテジュンサン将軍(テジョヨンの父)に告げるテジョヨン。
父を残して行く事が気がかりだと言うテジョヨンに、脱出するから心配するなと言うテジュンサン将軍。
一方、何かおかしいと感じたシンホンは、ミモサに会い、唐を脱出する計画を放棄しろと言うが、いつか、唐を離れたいと思ってはいるが、唐から脱出できると思いますか。100人の兵でイムン将軍からどうやって逃れるんですか。いい計画があれば教えて欲しいとシンホンに言い放つミモサであった。

臣下ウィスンに、最後の遺言を書かせる唐王。
自分が死んだら公開しろ。自分が死んだら、3番目の息子チョリに王位を継承すると言う唐王。
王の寝室から出てきたウィスンに、王と何の密談をしたのかと迫るイヘゴ将軍。
配下にウィスンの身体を調べろと命じるが、何も出てこない。
もしかして、遺言でも作ったのかと聞くイヘゴ将軍に、好きなように考えろと出て行くウィスン。

シンホンが我々を疑っていることをテジョヨンに告げるミモサ。
テジュンサン将軍が危ないと言うコルサビウ。
我々が出陣した後に、父の監視を強めるはずだと言うテジョヨンに、自分が対策を立てるからと言うミモサであった。

オホンと共に近くの寺に避難するスギョン。
イムン将軍と共にマド山に向かうテジョヨン達。
テジョヨンに先鋒で探って来いと命じるイムン将軍。

獣道を登る秘策を進言するミモサ。
我々の敵はケピルサムンじゃなくて、イムンだということを覚えておかないといけない。ケピルサムンを利用できなければ、多くの唐兵を相手にするのは難しくなると言うミモサ。
獣道を登り、ケピルサムンの陣に奇襲を掛け、ケピルサムンを捕まえるテジョヨン。
元気だったか、ケピルサムンと声を掛けるテジョヨン。次話へ。

スポンサーリンク