韓国ドラマ(銭の戦争)9話

スポンサーリンク

SBS韓国ドラマ(銭の戦争)9話のあらすじ(ネタばれ)です。
【主要登場人物】パクシニャン(クムナラ役)、パクジニ(ソジュヒ役)、キムジョンファ(イチャヨン役)、シンドンウク(ハウソン役)、イヨンウン(ウンジ:ナラの妹)、マドンポ(ヤミ金融)、トクコチョル(ヤミ金融)、ポン女史(ヤミ金融:チャヨンの祖母)

マドンポ社長の事務所の床下にある地下金庫を眺めるナラ。
トクコチョル先生の家で。ブルーエンジェルの情報がハウソンの手に入ったことを伝え、ブルーエンジェルは自分が手に入れるから安心してくださいとトクコチョル先生に言うナラ。

マ社長に、誕生日は?好きな数字は?と聞き、地下秘密金庫のダイヤル式の錠前のヒントを得ようとするナラ。

学校に来ない生徒の家を訪問するジュヒの父(先生)。ヤミ金融が原因であることを知ったジュヒの父は、ナラに相談する。娘の塾の費用でヤミ金融を使った母親だった。不良と遊びまわる娘を母が働くバーに連れて行き娘を諭すナラ。貸したヤミ金融がチャヨンだということを知ったナラはチャヨンの事務所を訪ねる。デートしてやればヤミ金融を辞めるか。金を貸すときは、返せる程度を貸せとチャヨンに言うナラ。
そこへ、俺がやったとハウソンが…。チャヨン、お前にはヤミ金融は似合わないと言い放ち出て行くナラ。

ジュヒを呼んで、4文字の数字を作るのを手伝わせるナラ。
筆記用具を出すジュヒ。化粧品が落ちて、中身がナラの手に付く。水で拭かないと落ちない…と言うジュヒの言葉でひらめくナラ。
マ社長の事務所で。マ社長のゴルフクラブに化粧品を塗るナラ。

マ社長の事務所で。
父親を殺した男の下で、何で働いているのかと聞くジュヒに、お金の為だ…と答えるナラ。
魔術を見せてやる…と。ジュヒが目をつぶっている間に消えるナラ。
ジュヒの携帯が鳴る。目をつぶって10数えれば、すぐに現れる…と。マ社長の机の上に横になっているナラ。ジュヒと地下金庫に降りていくナラ。化粧品の付着している金庫の錠前のダイヤルを探すナラ。
720個試せば、開くはずだ…と言うナラ。

マ社長が事務所に向かっている。マ社長が来たら事務所に来ないよう妨害しろとナラに命じられたチョチョルスは、マ社長の車の前に飛び出す。チョチョルスを廃車現場に捨てるマ社長。

5分以内にマ社長が事務所に到着するとナラに連絡するチョチョルス。
事務所に入って来るマ社長。マ社長が地下金庫に降りて来ないようにしろと命じられたジュヒは、マ社長とダンスをして時間を稼ぐ。その間に暗証番号を試すナラ。開けゴマと叫んで、開く鍵。次話。

スポンサーリンク