韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)90話

スポンサーリンク

KBS韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)90話のあらすじ(ネタばれ)です。

唐の使者を殺したコムに、戦争中でも使者は殺してはいけない。1回でも、コランを裏切ろうと思ったことはない。(本陣に)戻れと言い放つテジョヨン。
我々とコランの関係を壊す為のソリンギの計略だ。兵士を集めてはどうかとテジョヨンに進言するミモサ。

テジョヨン陣営を訪ねるイヘゴ将軍。
支援軍が来る予定だ。3万程度来るとイヘゴ将軍に言うミモサ。
コランだけじゃなくて、我々の運命も掛かっている。命がけでやるとイヘゴ将軍に言い放つテジョヨン。

軍馬に木の枝を付けさせ、数百の兵を連れて、ヨンジュ城にイムン将軍を向かわせるソリンギ将軍。
計略も知らされず、馬に枝を付けろと言われ、不平不満で馬に枝を付けていたが、突然、ソリンギ将軍の計略に気づき、今まで馬鹿にしていたソリンギ将軍を恐ろしいヤツだと褒めだすイムン将軍。

ヨンジュ城に唐の主力部隊が向かったと思い、イヘゴ将軍の2万の兵を預かり出陣するテジョヨン達だが…。
その隙に、ソリンギ将軍の主力部隊が、イヘゴ将軍の本陣を叩くのであった。
戦うコラン兵だが、防ぎきれない。チョリン、コムを逃がして、戦うイヘゴ将軍だが、
遂に唐兵に捕まってしまうのであった。

ソリンギ将軍の陣営に連れてこられたイヘゴ将軍の頬を殴り、後はテジョヨンだけが残ったと喜ぶソリンギ将軍。次話へ。

スポンサーリンク