韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)91話

スポンサーリンク

KBS韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)91話のあらすじ(ネタばれ)です。

イムン将軍とイムン配下を待ち伏せし、奇襲を掛けるテジョヨン。
この戦いは終わったと言うイムンに、1回勝って、1回負けただけだと言うテジョヨン。
イヘゴが捕虜になったことをイムンから聞くテジョヨン。

トンモ山に帰ろうと言う配下達に、流民を助ける為に来た。このまま帰ったら、得る物もなく、コランを助けただけで終わってしまうと言うテジョン。
イムンを連れて、ヨンジュ城に行くテジョヨン。

コラン王の御前で。
支援軍が来るまで、攻撃を遅らせる方法を考えないといけないと言うミモサ。
テジョヨンに、総指揮を任せるコラン王。

テジョヨンを訪ね、父イヘゴを助けて欲しいと頼むコムに、敵陣の捕虜となっているお前の父を助けることは簡単なことじゃないが、お前の気持ちが天に伝われば、必ず道が開けると言うテジョヨン。

テジョヨンに会うチョリン。
イムンとイヘゴ将軍を交換すると言うチョリンに、チョリンの命が危ない。ソリンギが聞き入れるはずがない。いくら考えても駄目だ。イヘゴ将軍を助けるのは、自分に任せて欲しいと言うテジョヨン。

我々トルゴルの地を承認すれば、同盟を結ぶと来たトルゴルの使者(トウゴル王の息子)を牢獄に入れる唐王。
テジョヨンのいるヨンジュ城東門に総攻撃を掛けるソリンギ将軍。
イムンを敵が見える高い所に縛れと命じるテジョヨン。
ソリンギの方から反応があるはずだ…と。

イヘゴを連れて来て、イムンを殺せば、イヘゴを殺すと叫ぶソリンギ将軍。
降伏すれば、民は殺さないと言うソリンギ将軍に、ソリンギの計略に落ちるなと叫ぶイヘゴ。
黙れとイヘゴの首に剣を向けるソリンギ将軍。
この野郎…とイムンの首に剣を向けるテジョヨン。次話へ。

スポンサーリンク