韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」10話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」10話あらすじ(ネタばれ)です。

【登場人物】
コンウ(チェハンギョル役)
ユンウネ(コウンチャン役)
イソンギュン(チェハンソン役)
チェジョンアン(ハンユジュ役)

コーヒープリンスコーヒーショップで音楽会開催。
社長(ハンギョル)の前で、ウンチャンと踊るソンギ。それを見て嫉妬するハンギョル。
ハンソンにプレゼントするウンチャンに、女にプレゼントしろ。男が好きなのか…と嫉妬し言うハンギョル。兄貴(ハンソン)はどうなのか…と聞くハンギョルに、嬉しいと言うハンソン。

帰り道で。
社長(ハンギョル)が店に出るなと…。店を辞めたくない。お金を稼がないと…口実だ。コーヒーが好きで…口実だ。暖かくて、面白くて、好きで…、(ハンギョルの)横にいられればいい…とハンソンの前で泣くウンチャン。
お前が笑うのを…、泣くのを…横で見守っているのが好きだ。俺の前では感情を隠さずにいてくれ。約束しようとウンチャンに言うハンソン。

コーヒーショップの他の従業員がウンチャンにくっつくのを嫉妬するハンギョル。
ハンソンから来た電話を取りながら皿洗いするウンチャンの横で、嫉妬で、皿をガチャガチャするハンギョル。

ハンソンのマンションで。
DK(元カレ)と一緒にニューヨークに行く。まだ、DKが好きみたいだと言うユジュに、行くなと言うハンソン。
貴方は、あの娘(ウンチャン)を好きなのに気づいていないのか…とハンソンに言うユジュ。

車を運転しながら、ウンチャンを思い出すハンギョル。
店に戻ると、ウンチャンが壁の絵を手直ししている。
ウンチャンにキスし、お前が男でも関係ない。好きだ。行ける所まで行こうと言うハンギョル。次話へ。

スポンサーリンク