韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)97話

スポンサーリンク

KBS韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)97話のあらすじ(ネタばれ)です。

テジュンサン将軍に王位を与えるという書簡を持って来た使者に、高句麗の民が王と認めるのだ。唐王が認めるのではない。帰れと言い放つテジュンサン将軍。
唐の使者を渡せと騒ぐイヘゴ将軍率いるコラン兵。

命を助けてやるから、唐王とテジョヨの間に密約があったとコラン王に言えと唐の使者を脅迫するシンホン。

コラン王の御前で。
唐の計略に違いないとコラン王に進言するテジョヨンだが…。
テジュンサン将軍がソリンギ将軍を助けたのを唐王が有り難く思っていると言う唐の使者の話を聞き、ソリンギを助けたのは事実かとテジュンサン将軍に聞くコラン王。
殺すことが出来なかったと答えるテジュンサン将軍。
その対価で王位を受けたと進言するシンホン。
自分を裏切ったのか…と倒れるコラン王。

自分の息子(テジョヨン)を助けてくれた恩人のソリンギを殺すことができなかったとテジョヨンに言うテジュンサン将軍。
唐の計略に落ち、コランがそれを利用した。ヨンジュ城を攻めるしかないと言うミモサ、配下達に、高句麗の民が被害を受けるから賛同できないと言うテジョヨン。

テジョヨンに会うチョリン。
ヨンジュから早く逃げてくださいと言うチョリンに、我々の民と一緒に行くと言うテジョヨン。
流民を連れては行けないというチョリンに、助けてくれと頼むテジョヨン。
今は無理だ。次の機会を…と言うチョリンに、今が無理なら、永遠に無理だ。手ぶらでヨンジュを出ることはできないと言うテジョヨンであった。

コルサビウ、フクストル、ケピルサムンを呼ぶミモサ。
ヨンジュには、我々を助けるものがいない。自分で助けるしかない。軍隊を動かして、ヨンジュを…と言うミモサに、ケピルサムンは賛成するが、兄貴(テジョヨン)を裏切るわけにはいかないと断るコルサビウ、フクストル。
そこへ、テジョヨンが入って来る。
ヨンジュを攻撃するという話か…と言うテジョヨンに、(テジョヨン)に反逆したら、首を差し出しますと言うミモサだが…。次話へ。

スポンサーリンク