韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 5話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 5話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チェスジョン(チャンボゴ/クンボク役)、チェシラ(チャミ夫人役)、ソンイルグック(ヨンムン役)、スエ(チョンファ)

戦うヨンムンとクンボク。
もう、いいと声を掛ける護衛長ヌンチャン。
護衛兵としての道が開けるクンボクとヨナ。

ヨンムンを探しに行くクンボク。
俺を探しているのか・・・とヨンムンが来る。
ヨンムンだろ・・・、唐に行くと言っていただろう・・・と言うクンボクに、唐から来た。商団を率いてチャミ夫人と取引する為

に来たと言うヨンムン。
お前が行った後、海賊が来た。海賊の為に俺の運命が変わった。父が亡くなり、俺は海賊と内通したという罪を着せられた。馬飼育場に連れて行かれ、チャミ夫人に引き取られれば奴隷の身分を逃れられると聞いたと言うクンボクに、護衛長の目には留まったがまだ分からないと答えるクンボク。
それぐらいの実力があればうまく行くはずだ。俺との因縁は隠しておいた方がいい。チャミ夫人と敵になる場合もある・・・と去るヨンムン。

ムジンチュ郡長の積荷を運ぶ兵。
襲撃するチャミ夫人配下とヨンムン配下。
襲撃に成功したクンボクとヨナに、今から奴隷の身分でない。今後、チャミ夫人を護衛するようになると伝える護衛長ヌンチャン。何故、官軍を攻撃したのですかと聞くヨナに、命令通りやるだけでいいと護衛長配下。

庭にいるクンボクに会いに行くチョンファ。
馬飼育場に行ったというのを聞いたことがあります。ここに何故・・・と言うチョンファに、護衛長の目に留まり護衛兵になりましたと言うクンボク。命を救ってくれた因縁なのに、有り難うという言葉も言えずに・・・。こうやって会えて良かった・・・と言うチョンファに、自分が生き残れたのは、お嬢様のお陰です。お嬢様を思うことは許されないこととは思いますが、一瞬でもお嬢様を忘れたことはありません・・・と言うクンボク。

庭で考え事をするクンボク。
悩みでもあるのですかと聞くチョンファに、なんでもないですと答えるクンボク。
服を渡しながら、長い間、私の事を思ってくれたことが許されないことだといいましたね。そうではありません。父が亡くなり、チャミ夫人の元で生きながら、すでに貴族の身分は捨てました。いつかは、どこかに送られますと言うチョンファ。
私が受けた命が官軍と戦うことでした。奴隷の身分から解放してくれたから、どんなことでもすると決意しましたが、何で、自分が官軍と戦わないといけないのか混乱しています。しかし、お嬢様の心が自分の心情と変わらないということを聞いて、大きな力を得たようですと言うクンボク。

チョンファにお前を送る時が来たと言うチャミ夫人。
私の命令に従うと信じる・・・と去るチャミ夫人。
クンボクの剣術の修練を遠くから見つめるチョンファ。
チョンファお嬢様が妾として行くことをヨナから聞くクンボク。
庭にいるチョンファお嬢様の元へ行くクンボク。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 海神 and tagged .