韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 7話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 7話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チェスジョン(チャンボゴ/クンボク役)、チェシラ(チャミ夫人役)、ソンイルグック(ヨンムン役)、スエ(チョンファ)、チェジョンア

ン(チェリョン役:ソルピョンの娘)、パクヨンギュ(ソルピョン役:商人)、チュンダル、ヨナ、イジェヨン(チョジャンギル役)

捕まえられ、チャミ夫人の前に出されるクンボクとヨナ。
なぜ、チェムチョンを殺さなかったのかと聞く護衛長に、馬飼育場で私が仕えた師匠でした。師匠を殺すことは出来なかったと答

えるクンボク。
馬飼育場から助けてやった私は何だ・・・と言うチャミ夫人に、密取引をしたことで恩を返したと考えます。後悔はありません。殺し

てくださいと言うクンボク。
裏切ったヤツは絶対に許さないと去るチャミ夫人。

密取引の帳簿を渡し、作り直せ・・・とチョンファに命じるチャミ夫人。
牢獄に捕らえられているクンボクの元へ行くチョンファ。
お嬢様・・・。待っていました。来ることは出来ないと感じながら、どこにも行けなかった。戻ってくるのに、涙が流れましたと言うチョ

ンファに、自分が無能で約束を守れませんでした。許してください。泣かないで下さい。これ以上私の為に苦しまないで下さい。私

みたいなものに会った事もないし、思ったこともないと思ってください。私との縁は忘れてください。必ずそうしてくださいと言うクン

ボク。手を握る二人。

チャミ夫人にクンボクを助けてくれと頼むチョンファだが、アイツを近づけるなと言ったのに、まだ思っていたのか。あいつは私を裏

切った。どうやって助けてやるというのかと言うチャミ夫人。

直ぐに殺されることは免れ、外に連れて行かれるクンボクとヨナ。
助けてくれてありがとうございますとチャミ夫人の前に膝まづくチョンファ。
奴隷として、奴隷商に船で連れて行かれるクンボクとヨナ。
同じ船に、師匠のチェムチョンが・・・。チェムチョンが生きていたのだ。クンボクと会うチェムチョン。
焼きゴテで印を入れられるクンボク、ヨナ、チェムチョン。
とにかく生きないといけない。機会があるはずだ・・・とクンボク、ヨナに言うチェムチョン。

使えるヤツが入ったが見られますか・・・ソルピョンの娘チェリョンに言うチュンダル。
クンボクとヨナを見せるチュンダル。目の光に恨みと不満が溢れいる。使えないと去るチェリョン。

護送の途中で逃げ出すクンボクとヨナ。
チェリョンの馬車に忍び込み逃げようとするが見つかり捕まってしまうクンボク、そしてヨナ。
砂漠を・・・護送されて行くクンボクとヨナ。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 海神 and tagged .