韓国ドラマ「犬とオオカミの時間」8話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「犬とオオカミの時間」8話あらすじ(ネタばれ)です。

【登場人物】
イジュンギ(イスヒョン役)
ジョンギョンホ(ガンミンギ役)
ナムサンミ(ソジウ役)

倉庫で。
俺の名前は本当にkay(スヒョン)か…。自分の名前がkay(スヒョン)で、タイのマフィアだと…。それを信じろ…と?俺は誰も信じられない…とアファに言うkay(スヒョン)。
縄を切り逃げようとするが、見つかり殴られるアファとkay(スヒョン)。
殴られて、怒りが頂点に達し、自分の格闘能力に驚きながら本能的に戦うkay(スヒョン)。

自分を助けてくれた男の顔を何度も何度も描くジウ。
お前が絵を描いているのを久しぶりに見たと入って来る義父。
助けてくれた人の絵を描いているの。誰だか知らない?と聞くジウに、お前の実の父が韓国に来ている…と告げる義父。

チョン会長の手下に電話させられるkay(スヒョン)。
kay(スヒョン)、すぐに来いと言うマオに、今は難しいと答えるkay(スヒョン)。
監視されているのかと聞くマオに、ハイと答えるkay(スヒョン)。
サムソンドンAP駐車場ビルの屋上に来てくださいと言わせられるkay(スヒョン)。

屋上に来たマオ。
無事だったかkay(スヒョン)。生きていてくれて良かった…とkay(スヒョン)を抱くマオ。
そこに、チョン会長の手下が…。捕まるマオ。

韓国マフィア、チョン会長の事務所で。
ライターで縛られた縄を焼き切るkay(スヒョン)。
マオを殺そうと銃を構えるチョン会長の手下。
全面戦争だ…と言うマオに、勝手に部下がやったことで俺は知らないと言うチョン会長の電話の録音テープを流すマオ。
チョン会長の部下が躊躇した隙に、銃を奪い、チョン会長を撃ち続けるkay(スヒョン)。
終わりにしよう…とkay(スヒョン)を連れて行くマオ。

kay(スヒョン)が記憶を失くしたことをマオに告げるアファ。
お前の記憶が無くても、俺がお前を記憶している。お前は俺の息子だ…とマフィアの握手をkay(スヒョン)とするマオ。
記憶を無くしたというのは、我々だけの秘密にして置く。弱点を隠しておけば生き残れる…とkay(スヒョン)に言うマオ。

幹部会議で。
kay(スヒョン)を幹部の席に座らせ、kay(スヒョン)は、タイで俺の命を助け、今回、俺の娘まで守った。チョン会長を始末したのもkay(スヒョン)だ。今から、kay(スヒョン)が言うことは、俺の命令だ…と他の幹部に言うマオ。
チョン会長の部下を受け入れるマオ。

マオを護衛し、ジウの家へ行くkay(スヒョン)。
世界に、父(義父のソヨンギル)はひとりしかいない。帰ってと言うジウに、悲しそうに去るマオ。
マオを車に乗せるkay(スヒョン)。
門の中にいるジウと目が会い、ジウに微笑みかけ車に乗り込むkay(スヒョン)。次話へ。

スポンサーリンク