韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 12話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 12話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イソジン/子役パクチビン(イサン‐正祖大王)22代朝鮮王正祖
ハンジミン/子役イハンナ(ソンソンヨン役)正祖王側室
イスンジェ(ヨンジョ王)英祖王、サドセジャの父、イサンの祖父
チョヨヌ/子役イインソン(チョンフギョム役)
イジョンス/子役クォンオミン(パクテス役)正祖の護衛武士

あいつらは罪人ではない・・・と宣言する正祖王子(イサン)。
あいつらは無実です。自分が生きる為に、処断することはできません・・・と英祖王に言う正祖王子(イサン)。
どんなことがあってもあいつらと一緒に生き残ります・・・と母に言う正祖王子(イサン)。

英祖王の寝室で。
王の命令を拒否する重大な罪を犯しました。しかし、あいつらは無罪だということは分かってください。5日のうちに証拠を見つけます・・・と言う正祖王子(イサン)に、あいつらが無罪なら、お前の父はどうだ・・・と聞く英祖王。死んだお前の父は、罪人か、違うか・・・。あの子は罪人だった・・・と言う英祖王。お前から何も聞きたくない。お前が証拠を見つけられなければ、あいつらとお前を処断する・・・。4日以内に証拠を持って来い・・・と言い放つ英祖王。

「会高千司」の暗号書を持っていた男をホンクギョンの指示で尾行するテス。

宮殿の詳細な地図が謀反に使われた。トファソの人間が書いたとしか考えられない・・・トファソにある地図を調べて誰が書いたか調べろ・・・と配下に命じるトファソ責任者だが・・・。全部見ずに、見つからなかった・・・と報告する配下。
今後も数百枚(男女の絵)を書くから・・・と、先輩画家に地図倉庫に案内してもらうソンヨン。
地図を1枚、1枚調べるソンヨン。

牢獄の前で。
生きて、俺を守ってくれ。父が願うのも、そうだと思う・・・と元臣下達に言う正祖王子(イサン)。

「会高千司」の暗号書を持っていた男が食料を大量に購入したことをテスから聞き、軍用の食料だと気付くホンクギョン。食料の運搬場所を探ろうとするテス。

自分よりも凄い男女の絵を描いていると評判のトファソを辞めた男の家を粗探しするソンヨンの先輩画家。その時、謀反の時に使われた地図と同じものを発見する。
一方、食料の積まれた馬車に潜り込んだテスは、刺客の訓練場に・・・。

地図を描いた者の家に向かう正祖王子(イサン)だったが・・・、部屋には、血の跡が・・・。
役所に行って、武器も沢山あり、100人以上の者が訓練している・・・と言うテスだが・・・。
そこへ謀反の張本人チョンフギョムが・・・。
配下に送らせ殺そうとするが・・・。

刺客の死体についていた雑草を、地図を描いた男の家でも見つける正祖王子(イサン)。
この雑草が生えている所が謀反者の本拠地に違いない・・・と言う正祖王子(イサン)に、アレテ(場所)に違いない・・・と言う護衛。

チョンフギョムの前に現れるテス。
何で戻ってきたのか・・・と言うチョンフギョムに、俺と一緒に来た・・・と正祖王子(イサン)。次話へ。

スポンサーリンク