韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 8話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 8話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イソジン/子役パクチビン(イサン‐正祖大王役)22代朝鮮王正祖
ハンジミン/子役イハンナ(ソンソンヨン役)正祖王側室
イスンジェ(ヨンジョ王)英祖王、サドセジャの父、イサンの祖父
チョヨヌ/子役イインソン(チョンフギョム役)
イジョンス/子役クォンオミン(パクテス役)正祖の護衛武士

今、ソンヨンと言ったのか・・・とトファソ責任者に聞き返す正祖王子(イサン)。
あの娘がソンヨンだったのか・・・。トファソにいるのか・・・と聞く正祖王子(イサン)。

拉致されるソンヨン。
テスに、女を返して欲しければここに来いと伝えろ・・・と配下に命じる悪党。
まずは、家とトファソを探してみようとテスの叔父。
テスの叔父を訪ねる王の配下と正祖王子(イサン)、ソンヨンを拉致したものと間違い正祖王子(イサン)を殴るテス。
お前がテスだな・・・。俺が分からないのかと言う正祖王子(イサン)。
王子が自分達を覚えていらっしゃるとは夢にも思いませんでしたと言うテス。
ところで、ソンヨンはどうした・・・と言う正祖王子(イサン)に、貢物を奪ったヤツがソンヨンを拉致した・・・と言うテス。

軍隊を動かそうとする正祖王子(イサン)だが、王の命令なくして動けないと拒否する指揮官。
指揮官の剣を抜き、この野郎、死にたいのか。すぐに動員しろ・・・と叫ぶ正祖王子(イサン)。
先に、ソンヨンの元に向かうテスだが・・・、捕まってしまう。
危機一髪のところで、軍隊と正祖王子(イサン)が・・・。
ところが、ソンヨンは連れ去られてしまうのであった・・・。

私的に軍隊を動かすなんて・・・。しかも、指揮官を剣で脅すなんて・・・と、王に報告する臣下達。
昨日捕まえた一団は貢物を奪った者達です。その黒幕に臣下がいると思います。調査できるよう全権を与えてくださいと王に進言する正祖王子(イサン)。やって見ろ・・・と許可する王。

売られてしまうソンヨン。
正祖王子(イサン)の偽の書状を使い、軍隊に犯人達を他の場所に移動させ、奇襲を掛け、皆殺しにし証拠隠滅を図る反対勢力(臣下達)。
次話へ。

スポンサーリンク