韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 9話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 9話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イソジン/子役パクチビン(イサン‐正祖大王)22代朝鮮王正祖
ハンジミン/子役イハンナ(ソンソンヨン役)正祖王側室
イスンジェ(ヨンジョ王)英祖王、サドセジャの父、イサンの祖父
チョヨヌ/子役イインソン(チョンフギョム役)
イジョンス/子役クォンオミン(パクテス役)正祖の護衛武士

罪人はどこにいるんだと聞く英祖王に、消えてしまった…と答える正祖王子(イサン)。
指令書を見て、どう見てもお前の筆跡だと言う英祖王に、自分のものではありません…と答える正祖王子(イサン)だが…。

罪人と護送兵が全て殺されていたと報告があったと伝え、驚かない正祖王子(イサン)に、なぜ驚かない。お前がやったのかと聞く英祖王。違います。そうだと推測していましたから…と答える正祖王子(イサン)。
お前の無実を証明する証拠はないのか…と迫る英祖王。

5日経ったら売られてしまうと聞き、なんとか逃げ出そうとするソンヨンだが…。

トファソに正祖王子(イサン)が書いた本物の指示書と偽の指示書が持ち込まれる。
2つの者が同じ者が書いたものか、意見を言ってくれ…と。

ソンヨンを拉致したヤツを捕まえ、ソンヨンをどこにやったと聞くテスに、売ったと言う男たち。
男女の営みを描いた絵を買っていた男の家に招待されるトファソの絵士イチョン(ソンヨンが親しい上司)。
小便がしたくなり、部屋の中の壺を持って出る絵士。
すぐ近くの小屋に監禁されているのである。
イチョン氏…と呼ぶ男。それを聞いて、ソンヨンです…と叫ぶソンヨンだが…。
幻聴か…と去る絵士イチョン。

小屋の床を探り、逃げる方法を見つけるソンヨン。
水で床が腐っている。ここから逃げられる…と他の女達に言うソンヨン。
床板をはずすソンヨン達だが、出ろ…と連れて行かれるソンヨン。

ソンヨンの家を訪ねた絵士イチョンに、拉致されたと伝えるテスの叔父。
ソンヨンの叫ぶ声を思い出す絵士イチョン。
テスを連れて男の家に向かう絵士イチョン。
す巻きにされそうになるソンヨンを助けるテス。

王子が俺たちに、お前に会いに来られた。お前を覚えていらっしゃる…とソンヨンに伝えるテス。
トファソでお前が書いた王子の絵を見て、気がついて、探しに来られたが、会えなかった…。1日も忘れたことはないはずだとソンヨンに伝える王の配下。

トファソに朝早く出勤するソンヨン。
早く行って…掃除をしないと…と。
自分の描いた王子の絵を見ているソンヨン。
そこへ正祖王子(イサン)が…。
ソンヨン…。大丈夫か…。怪我していないか…と声を掛ける正祖王子(イサン)。
ゴメン。俺がお前に気づくのが遅かった…。清国使節団が来た時にお前だと分かっていたら、こんな苦労をしなかったのに…。俺を許してくれ…と言う正祖王子(イサン)に、忘れていると思っていましたと言うソンヨン。
俺がどうして忘れられるのだ。あの時の約束を忘れたことはない。お前たちを1日も忘れたことはない。泣くな。こんなに会いたかった友達にまた会えたんじゃないか…とソンヨンに言う正祖王子(イサン)。
次話へ。

スポンサーリンク