韓国ドラマ「ロビースト」 2話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「ロビースト」 2話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ソンイルグック(ジュホ/ヘリ役)、チャンジニョン(ソヨン/マリア役)、ハンジェソク(カンテヒョック役)、ホジュノ(ジュイムスリー役)、キムミスク(チェ役)、ユソン(エバ役)、チェチャヘ(スジ役)

アメリカに着いたマリア(ソヨン)達。
壮大な景色に喜ぶマリア(ソヨン)達だが、友達と同じビルに住んでいる人から、お金が入ったのか…友達が出て行った…と聞き、騙されたことに気づくのでった。グリーンカード(永久ビザ)も取っていない…。

韓国に帰っても最低の生活をしなければならないなら、いっその事、アメリカで暮らそうと決意するマリア(ソヨン)達。墓地で、ミミズを回収する仕事(化粧品の材料だそうだ)をするマリア(ソヨン)達。
一方、叔母の家で、叔母の夫に虐待されながら、馬の世話をさせられるヘリ(ジュホ)と妹。

夫が出かけた隙に、牧草の陰で、韓国料理を食べる叔母、ヘリ(ジュホ)と妹。
そこへ、突然引き返して来て、ムチを持って来る叔母さんの夫。
そんな汚い物を食うな…と叔母さんをムチ打つ夫。

…1年後…
1年間、遊びもせずに働いてきたから、今日1日は観光でもして遊ぼうと言うマリア(ソヨン)の父。
自由の女神の前で、詐欺に合わせた友達に会い、捕まえるマリア(ソヨン)の父。
俺のお金…どうした?と聞くマリア(ソヨン)の父に、妻がガンで、全て使った。ゴメン。必ず返すから…と言う友人だが…。

ミミズのアルバイトを家族皆でするマリア(ソヨン)達。
そこへ、入国管理官(警察)が…。
連行される不法滞在者達。
墓石の裏に隠れたマリア(ソヨン)と母、姉だったが、ミミズに驚き姉が声を出してしまう。
迫る警官の気を引く為に、マリア(ソヨン)の父が飛び出て逃げる…。

バス停の近くで待つ家族の元に無事に合流するマリア(ソヨン)の父。
どこに行くバスかも知らずに、バスに乗り込むマリア(ソヨン)達。
アトランタシティーに向かうバスだ。途中で降りてヒッチハイクするマリア(ソヨン)達だが、さっきのバスの運転手が乗せてくれて、家に帰ることのできたマリア(ソヨン)達。

翌日、バスの運転手(ルチア)を訪ね、父が韓国でタクシーの運転手をしていた事。仕事を紹介して欲しい事…を話すマリア(ソヨン)。名刺をくれて、電話しろ…と言うバスの運転手(ルチア)。
バスの運転手(ルチア)を訪ねたが、米国の運転免許がないので、バス清掃の仕事を世話して貰うマリア(ソヨン)の父。

ルチアが運転するフィラデルフィア行きのバスに載せてもらうマリア(ソヨン)。
マリア(ソヨン)を見かけ、ソヨン…と叫びながら、バスを追いかけるヘリ(ジュホ)。
気がつかないマリア(ソヨン)。

ルチアの手助けで、米国の運転免許を得て、バスの運転手として務めるマリア(ソヨン)の父。
エバマリアツアーというバスに…。
マリア(ソヨン)を助手にし、ニューヨークに乗客をバスで連れて行くマリア(ソヨン)の父。
マリアが食堂に食事に行っている間に、強盗に会い銃で撃たれるマリア(ソヨン)の父。
食事を終え、バスに戻るマリア(ソヨン)。
血を流して死んでいる父の元に掛け付け泣き叫ぶマリア(ソヨン)。
次話へ。

スポンサーリンク