韓国ドラマ「ロビースト」 6話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「ロビースト」 6話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ソンイルグック(ジュホ/ヘリ役)、チャンジニョン(ソヨン/マリア役)、ハンジェソク(カンテヒョック役)、ホジュノ(ジュイムスリー役)、キムミスク(チェ役)、ユソン(エバ役)、チェチャヘ(スジ役)

父の墓を訪ね、昔のマリア(ソヨン)の家を訪ねるヘリ(ジュホ)。
そこには、マリア(ソヨン)の母、叔母が…。
マリア(ソヨン)の母が落とした家族写真を見て、マリアがソヨンだということを知るヘリ(ジュホ)。

そこへ、ソヨンから電話が…。
アメリカから友達が来ている…と言う叔母に、アメリカから来た人は全て追い払ってと言うマリア(ソヨン)。追い払おうとする叔母に、水を一杯だけ…と言って、その隙に叔母が書いたマリア(ソヨン)の居場所のメモを書き移すヘリ(ジュホ)。

カンテヒョックを会社のロビーで待つマリア(ソヨン)。
姉の死に貴方はどこまで責任があるの…と聞くマリア(ソヨン)に、俺の責任だと答えるテヒョック。
テヒョック氏が車に爆弾を仕掛けたの…。姉の車に誰が爆弾を仕掛けたの…。姉が何故?姉があんなに愛していたのに、どうして利用したの…と迫るマリア(ソヨン)に、ゴメン、必ず真相を明らかにする…と誓うテヒョック。

アメリカの武器を売る為に、軍の幹部を訪問するジュイムスリー。
ゴルフの接待で、軍の幹部夫人から夫が葉巻を好んでいると言う情報を得て、キューバ産の葉巻を探すヘリ(ジュホ)。

ジュイムスリーに会い、エバ(マリアの姉)を守る…と言ったのに。エバを殺せと命じたヤツを最後まで追う…と言い放ち出て行くテヒョック。

ホテルのボーイの協力で葉巻を得て、ジュイムスリーと共に会い、キューバ産の葉巻です…と軍幹部に差し出したが、偽者だ…と言われ恥をかくヘリ(ジュホ)。

他の軍の幹部に会い、アメリカのヘリコプターを買う事をもう一度考えてくださいと頼むジュイムスリーだが…。ロシアの方が安くて、しかも、技術供与もある…、アメリカが技術供与をしてくれるというなら、また来い。駄目なら来るな…と言って去る軍の幹部。

姉エバの死を調査するマリア(ソヨン)とテヒョック。
一般の新聞には一切エバの事故死の記事が載っていない。
唯一、載っていた新聞記者を訪ねるマリア(ソヨン)とテヒョック。
その記者は姉の友人だった…。記事を詳細に調べようとしたら、外国に飛ばされた…と言う記者。
背後に大きな存在があるみたいだと言うテヒョックに、少し怖くなって来た…と言うマリア(ソヨン)。
次話へ。

スポンサーリンク