韓国ドラマ「ロビースト」 7話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「ロビースト」 7話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ソンイルグック(ジュホ/ヘリ役)、チャンジニョン(ソヨン/マリア役)、ハンジェソク(カンテヒョック役)、ホジュノ(ジュイムスリー役)、キムミスク(チェ役)、ユソン(エバ役)、チェチャヘ(スジ役)

ホテルの近くのバーにマリア(ソヨン)がいると聞いて、向かうヘリ(ジュホ)。
何しに韓国に来たのか…と聞くヘリ(ジュホ)に、静かに飲んで帰れ…と言い放つマリア(ソヨン)。
ひどいな…と言うヘリ(ジュホ)。姉を殺したヤツを見つける…。できる…と言いながら酒を飲むマリア(ソヨン)。

酔いつぶれたマリア(ソヨン)をホテルに送るヘリ(ジュホ)。
朝、ヘリ(ジュホ)が頼んでおいたヘジャン鍋(二日酔いに良い)を食べるマリア(ソヨン)。

国家情報局局長に会うカンテヒョック。
俺がエバ(マリアの姉)を殺した証拠があるのか…。俺と戦いたければ、力を付けろ…と言い放つ局長に、今、言ったことは後悔します…と言って出て行くカンテヒョック。

検事の先輩に、局長との会話の録音テープを渡し、捜査を依頼するが…、局長と繋がっている先輩検事。

ホテルマンに化けた局長配下に拉致されるマリア(ソヨン)。
マリア(ソヨン)が拉致されたと気づいたホテルのボーイは、ヘリ(ジュホ)に連絡し、トラックの荷台に自分の携帯電話を放り込む。自分の携帯の追跡をするホテルボーイとヘリ(ジュホ)。

倉庫に監禁されるマリア(ソヨン)。
倉庫に車ごと突っ込むヘリ(ジュホ)。
マリア(ソヨン)を助け出し、逃げるが、追ってに捕まり、車の中で縛られ、海に落とされそうになるヘリ(ジュホ)とマリア(ソヨン)。俺が責任を取るから、止めろ…と叫ぶジュイムスリー。

アメリカに追放されるマリア(ソヨン)。
貨物船でアメリカに送られるヘリ(ジュホ)。次話へ。

スポンサーリンク