韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 13話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 13話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チェスジョン(チャンボゴ/クンボク役)、キムフンス(チョンニョン:クンボク友)、チェシラ(チャミ夫人役)、ソンイルグック(ヨンムン役)、スエ(チョンファ)、チェジョンアン(チェリョン役:ソルピョンの娘)、パクヨンギュ(ソルピョン役:商人)、チュンダル、ヨナ、イジェヨン(チョジャンギル役:剣闘士商人)、キムイジュン(ペクハジン:チェリョンの護衛)、キムカブス(イドヒョン役:海賊、商団)

クンボクを助ける為にチョジャンギルに会い、毒に詳しい男に会いに行くヨンムン。
クンボクを見る男。難しい・・・と言う男に、生かせと言うヨンムン。
こいつを助ける方法はこれしかないとクンボクに毒を飲ませる男。
俺ができることは全てやったと言う男。
チョンファお嬢さんをクンボクの元へ連れて行くヨンムン。
こんな毒に勝った男は初めてだ・・・と男。
看病するチョンファだが、助かったのを見たからもういいと去るチョンファ。気がつき、出て行くクンボク。

毒の手裏剣を受け、生死をさ迷っていたみたいですとチェリョンに言うクンボク。
ソルピョン商団長が新羅人商人の代表なのだが、チャミ夫人が背後から支援し、イドヒョン商団長を代表にしようと画策している。奴隷売買に反対しているソルピョン商団長だが・・・。
ヤンジュで基盤を作ることを本格的に始めるチャミ夫人。

商団長代表になりたいイドヒョン商団長は、ヨンムンにソルピョン暗殺を命じるのであった。
ソルピョン商団に忍び込むヨンムン。クンボクに見つかり、逃げるヨンムン。
相手の目を見て、ヨンムンだと分かるクンボクだが、戦う二人。
ヨンムンの首に剣を・・・。剣を収め、チャミ夫人商団にいた時に刺客を追ったのだが、なぜ俺を殺さなかったのか理由がわからなかった。お前かもしれない・・・と思っていたが、今分かった。あの時の刺客がヨンムン、お前だったことを・・・。なぜ、商団長(ソルピョン)を殺そうとするのかと聞くクンボクに、俺も剣だ。お前も剣だ。剣の主人が誰かで俺達の運命が変わる・・・と言うヨンムン。二度とこのように会いたくないと言うクンボクに、そう言ってもお前に剣を向けることになるだろうと言うヨンムン。去るクンボク。

商団長会議で、イドヒョン商団長が新代表に選ばれた。
奴隷売買についてはどうするのか・・・と言うチョジャンギル商団長。
各商団の細部まで干渉しない。奴隷売買については各商団で処理してください・・・とイドヒョン商団長。

商団長達にイドヒョン商団長が宴会の場を設ける。
その場で、チャミ夫人を紹介するイドヒョン。
クンボクを睨みつけるチャミ夫人。
二度と見たくなかったのに生きていたんだなと言うチャミ夫人に、夫人に会う為に生き抜いてきましたと言うクンボク。
奴隷として死ぬよりもつらい道を乗り越えてきました。夫人に対する恨みで死ぬほどつらかったこともありました。しかし、今は恨みを捨てました。恨みを晴らす他の道を見つけました。夫人に勝つ権力を持つ・・・と言うクンボク。やってみろ・・・と去るチャミ夫人。

直接、商団を率いて行くソルピョン。クンボクとチョンニョンを護衛に従えて。
ソルピョン商団より早く着いて、売らないといけないと山を越えて行くイドヒョン商団ヨンムン。そして勉強の為一緒に行くチョンファ。山賊の奇襲にあうイドヒョン商団。チョンファを守るヨンムンだが・・・。
次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 海神 and tagged .