韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 19話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 19話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チェスジョン(チャンボゴ/クンボク役)、キムフンス(チョンニョン:クンボク友)、チェシラ(チャミ夫人役)、ソンイルグック(ヨンムン役)、スエ(チョンファ)、チェジョンアン(チェリョン役:ソルピョンの娘)、パクヨンギュ(ソルピョン役:商人)、チュンダル、ヨナ、イジェヨン(チョジャンギル役:剣闘士商人)、キムイジュン(ペクハジン:チェリョンの護衛)、キムカブス(イドヒョン役:海賊、商団)

裏切った護衛に、何で裏切ったのか・・・と聞くチャンボゴ。
俺はいくら頑張っても商団長に認められなかったが、一瞬で商団長の信頼を得たチャン長官を殺したかった。許して欲しい。商団を裏切った事実は商団長には話さない。すぐに、商団を出ろ・・・と言うチャンボゴ。
許しは、死んだ仲間に言え。早く行け。俺の我慢の限界が来る前に・・・と言うチャンボゴに、ここに残りたいと言う護衛。ならば、罰を受けないといけない。す巻きにして、死んだ仲間と護衛武士達の分だ。死んだとしても恨むな・・・と殴る

チャンボゴ。今後、裏切り者は許さない・・・と護衛達に言い放つチャンボゴ。

チョンファお嬢さんに会うチャンボゴ。
お嬢様・・・と。
遅れました。沢山待ったでしょ・・・と言うチョンファに、自分がお嬢様を思って来た期間を考えれば一瞬ですと言うチャンボゴ。チャン長官が死んだと聞き、死んでチャミ夫人の元を離れたかった。死のうとしても死ねないのが長官と私の縁みたいです。私はもう怖いものはありません。チャミ夫人よりもっと堂々と立ち上がりますとチャンボゴに言うチョンファ。チョンファを抱くチャンボゴ。

護衛を募集し育成しろとチャンボゴに命じるソルピョン商団長。
武術大会を開くチャンボゴ。
一方、戦争が始まるから、反物の価格が下がる多くの反物を確保しろ・・・と言う商団長の指示で反物を確保するチェリョン。

商団長会議を開くソルピョン。
戦争中の新羅商団を助けよう・・・と。1000両を出すとソルピョン商団。500両出すと言うチョジャンギル商団。5000両出す。新羅と取引したい者は私の所へ・・・と言うチャミ夫人。
商売とは人の心を動かすことだ・・・チャミ夫人は商売をよく知っている。油断してはいけない・・・とチャンボゴとチェリョンに言うソルピョン。

新しく入った人夫に、塩を与えるから、利益をだして来い・・・と言うソルピョン。
何で高い塩を分けるのですか・・・と聞くチャンボゴに、俺は塩を分けたのではなく、試したのだ。利益を出してくるか見守らないといけないと答えるソルピョン商団長。塩を分けた人夫が全て戻ってくるのですか・・・と聞くチャンボゴに、戻って来ない者もいるが、戻って来た者が利益を出すからそんなに損はしないと答えるソルピョン商団長。
商売はひとりでやるものではない。信じられるものを育成しないといけない。戻って来た者は信じられる者だと去るソルピョン商団長。

チャンボゴに本を渡し、勉強しろ・・・と。だが、頭だけじゃ駄目だ。3つの利益になる物を探して来いとチャンボゴに命じる

ソルピョン商団長。
物は決めたか・・・と聞くソルピョン商団長に、西洋の物に決めたと言うチャンボゴ。商団長の言う通り、ヤンジュでは西洋の物は売れません。商団を率いて外国に行ってきますと言うチャンボゴ。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 海神 and tagged .