韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 28話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 28話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チェスジョン(チャンボゴ/クンボク役)、キムフンス(チョンニョン:クンボク友)、チェシラ(チャミ夫人役)、ソンイルグック(ヨンムン役)、スエ(チョンファ)、チェジョンアン(チェリョン役:ソルピョンの娘)、パクヨンギュ(ソルピョン役:商人)、チュンダル、ヨナ、イジェヨン(チョジャンギル役:剣闘士商人)、キムイジュン(ペクハジン:チェリョンの護衛)、キムカブス(イドヒョン役:海賊、商団)

チャンボと結んだ縁を継続して持って行く・・・とチョンファに言うキムジン(王族)。
チャミ夫人のように生きなくても財を成し、培った財物で人々慰労できることを商売で証明したいんです。それが私が商売する目的です・・・とキムジン(王族)に言うチョンファ。

故郷に帰って来た気分はどうだ・・・と聞く師匠に、怖い。海賊と内通したという罪を着せられて、島を離れ、一度も帰ることを考えませんでした。できれば、青海に対する記憶を忘れたかったんですが・・・。全てが元に戻るか・・・それが怖いです・・・と言うチャンボゴ。

青海(島)に上陸するチャンボゴ。
早く走る船を造らないといけないといけない・・・と言うチャンボゴ。
タンサ島を最初に攻撃するチャンボゴ。

競争相手の黒幕がチョンファだと・・・確認するチャミ夫人の護衛。
聞いて驚く・・・チャミ夫人。
一方、これ以上、隠すのは無理だから、チャミ夫人に会うという決意をするチョンファ。

チャミ夫人に会うチョンファ。
お元気でしたか・・・とチョンファ。
私を緊張させる黒幕がお前だとは思わなかった・・・と言うチャミ夫人。
商売人に競争はつきものです・・・と言うチョンファに、今からお前とのいい記憶を忘れ、絶対にお前を許さないと言い放つチャミ夫人。

チャンボゴを訪ねるキムジン(王族)。
願いを聞いてやったから、ひとつ俺の願いを聞いてくれ・・・と言うキムジン(王族)。
武力で海賊を一掃するのは難しいです。海賊の中でも仕方なく海賊になった者もいます。沢山食べれれば、剣を捨てる者は多いです・・・と言うチャンボゴに、王宮に行ったことがあるか・・・と聞くキムジン(王族)。
奴隷だった私がどうして王宮に行けますかと答えるチャンボゴに、機会があれば王宮を見せてやりたい・・・と言うキムジン(王族)。王宮にお前みたいな人物が必要だ・・・と言うキムジン(王族)。

護衛をするからムジンチュから王宮に運ぶ米を船で運ぶように(本拠地の分からない海賊を誘き出す作戦だ)・・・とムジンチュの商団長達を説得しようとするチャンボゴだが、拒否する商団長達。
配下の話を聞き、チャンボゴに護衛を任せることにするチョンファ。
一方、その情報をヨンムンに知らせるチャミ夫人。その商団を攻撃します・・・と言うヨンムンに、その商団の主人がチョンファだと伝えるチャミ夫人。

王宮に運ぶ物ですと言うチョンファ配下に、不安がっているかもしれないから商団の主人に会いたい・・・と言うチャンボゴだが・・・。信じているから任せる・・・と配下。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 海神 and tagged .