韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 32話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 32話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チェスジョン(チャンボゴ/クンボク役)、キムフンス(チョンニョン:クンボク友)、チェシラ(チャミ夫人役)、ソンイルグック(ヨンムン役)、スエ(チョンファ)、チェジョンアン(チェリョン役:ソルピョンの娘)、パクヨンギュ(ソルピョン役:商人)、チュンダル、ヨナ、イジェヨン(チョジャンギル役:剣闘士商人)、キムイジュン(ペクハジン:チェリョンの護衛)、キムカブス(イドヒョン役:海賊、商団)

ソルピョン商団長に剣を向け、チャンボゴを殺しに来たと言うヨンムンに、チャン長官はここにいない。ヤンジュに行ったと言うソルピョン商団長。ソルピョン商団長を連れ、本陣に帰るヨンムン。
イドヒョンを確保し、青海に向かうチャンボゴだったが・・・。

海賊の本拠地に、船を降りひとりで本拠地に上陸するチュンボゴ。
ヨンムンを呼べとヨンムン配下に言うチャンボゴ。
イドヒョンを助けたいなら、剣を下ろせ。何で来たかは推測できるだろう。まずは、商団長の生死を確認させろ・・・とヨンムンに言い放つチャンボゴ。

人質交換をしようと思うという考えを伝えるチャンボゴだが、イドヒョンを役人に渡せ、今回、やらなければ、難しくなる・・・と言うソルピョン商団長だが・・・。人質交換をヨンムンに申し出るチャンボゴ。いつか、死んだ護衛武士の恨みを晴らす・・・と言って去るチャンボゴ。

チャミ夫人の留守中に、チャミ夫人の商団を調査し、帳簿を持って行く王の配下。
秘密帳簿をチャミ夫人の元で作成していた・・・と役人に言うチョンファ。
帳簿の中から、秘密帳簿を取り出し、説明するチョンファ。
物量をごまかしていることを証明するチョンファ。

人質交換に向かうチャンボゴとヨンムン。
橋を渡り、お互いの船に向かうイドヒョンとソルピョン。
ソルピョンに弓矢を勝手に放つヨンムン配下。

1万両を払えという命令がチャミ夫人に・・・。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 海神 and tagged .