韓国ドラマ「王と私」 4話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「王と私」 4話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:オマンソク(キムチョソン/チョンドン役):宦官
グへソン(ユンソファ役):側室
コジュウォン(ソンジョン/チャウルサングン役):成宗王
チョングァンリョル(チョチギョム役):宦官

チョチギョムを投獄しろ…と配下に命じる王。
宦官を解散させろと命じる王。
王権に挑戦するあいつらを許せない…と去る王。

進言を聞き入れてくれたら、摂政の権利を放棄すると言う母の進言を受け入れ、内侍部への国法を撤回することにする王。しかし、チョチギョムは許せない…と、内侍部から追放するのであった。
新しい天を開く…。自分が全てやるから、内侍部に戻らせて欲しいと王の臣下に頼むチョチギョム。

日を追うごとに効き目が現れてくる毒薬を手に入れるチョチギョム。
薬士の若者に、王の薬に毒薬を入れさせるチョチョギョム。

チョンドンを連れ、ソファに会いに行く成宗王子(チャウルサングン)
私は行きません…と言うチョンドンだが…。
井戸から水を汲んでいるソファ。
ソファ…俺が分かるかと言う成宗王子(チャウルサングン)に、チャウルサングンではないですかと答えるソファ。雲みたいに生きたいと言う成宗王子(チャウルサングン)に、王の為に民が心配しているのに、そんなつまらないことを言うのですか。仕事がありますから帰ってくださいと言い放つソファ。
婚姻することになっている…とアクセサリーを渡そうとする成宗王子(チャウルサングン)に、父母からそんな話は聞いていません。帰って本でも読んだらいかがですか…と去るソファ。

亡くなる王。
毒を入れた薬士の若者を始末するチョチョギョム配下。
チャウルサングン(成宗王子)が次の王に任命される。
毒殺の黒幕がチョチョギョムだと気がついた薬士の責任者だが、チョチョギョムの配下に殺される。

チャウルサングン(成宗王子)の言葉をソファに伝えるチョンドン。
初めて会った時から、好きで、妻に迎えたい。承諾してくれるなら、飾りの半分を貰ってほしいと言う言葉を…。

宮中に向かうチャウルサングン(成宗王子)に、道で敬礼し、飾りの半分を見せるソファ。
家に帰り、かまどの火の中に、ソファの帯を放り投げるチョンドン。
次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 王と私 and tagged .