韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)111話

スポンサーリンク

KBS韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)111話のあらすじ(ネタばれ)です。

テジュンサン将軍を処刑しようとするイヘゴ将軍配下。
危機一髪の所で、コムが助けに入るが、イヘゴ将軍配下に切られてしまうテジュンサン将軍。
コムと相打ちし、退却するイヘゴ将軍配下。腕を切られたコム。
高句麗を助けるのは今回で最後です。同盟を守れませんでした。コラン国の末裔として、自分の道を行きます…とテジョヨン将軍に伝えてください…とテジュンサン将軍に言い、去るコム。

コラン王に会い、ヨドンを攻めるように言うソリンギ将軍。
テジョヨンに会った理由は何だ。コランを攻めさせる為に会ったのではないか…と迫るイヘゴ将軍に、それよりも、行って何を見て来たか…が重要だと言うソリンギ将軍。

コラン王の寝室で。
ソリンギ将軍の話を聞き、すぐにヨドンを攻撃しないといけない…とコラン王に進言するイヘゴ将軍。
(テジョヨンは)民を助ける為に、軍力を増強するのに失敗したようです…と言うシンホン。
今のテジョヨンの軍事力は弱っている。この機会を逃せば後悔すると言うイヘゴ将軍に、ヨドン攻撃を許可するコラン王。

コムに殺される夢を見て、コムの寝室に向かうイヘゴ将軍。
シンホンの配下がコムの寝室を見張っている。
どう考えても、犯人は、コムのようだ…。犯人は腕に怪我をしているから確認して欲しいとイヘゴ将軍に言うシンホン。

コムの寝室で。
ヨドンを攻撃する準備が終わった。コム、お前はどうするのか…と聞くイヘゴ将軍(父)に、今回の出撃は反対ですと言うコム。コムの腕を握り、何で反対するのか…と聞くイヘゴ将軍に、まだ、時期が悪い…と言うコム。ここに残り、母とここを守れ。ヨドンに火をつけ、テジョヨンの首を持って来る。お前はその姿を見たくないみたいだな。しかし、俺には宿命だ。誰も俺を止めることはできないとコムに言い放ち出て行くイヘゴ将軍。

手に付いたコムの血を呆然と眺めるイヘゴ将軍。
確認しましたか。コム様に傷がありましたか…と聞くシンホンに、間違いだ…と言って去るイヘゴ将軍。

イヘゴが攻めてくる情報を得るテジョヨン将軍。
イヘゴ、ソンマニョンは勿論、コムとチョリンまで嘘をついた。許さない。皆殺しだ…と叫ぶテジョヨン。
次話へ。

スポンサーリンク