韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)118話

スポンサーリンク

KBS韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)118話のあらすじ(ネタばれ)です。

父と名乗れないなら、コムを配下にしろ…。俺は孫も欲しいし、人材も欲しい…とテジョヨンに言うテジュンサン将軍。

テジョヨンに会わせろ…とミモサに言い、毒を捨てるイヘゴ。

コラン兵を集めるテジョヨン将軍。
イヘゴ及びコラン兵は、高句麗の民を苦しめた大罪人だ。すぐに処刑するのが当然だが、イヘゴに最後の機会を与える。イヘゴよ聞け。俺達は新しい国を造る。新しい歴史を開く。俺の配下になると、天に誓えるか…とイヘゴに言い放つテジョヨン将軍。
機会は与えた。結果について、俺を恨むな…とチョリンとコムに言うテジョヨン将軍。

天に誓って、イヘゴと俺に従う配下は、今、この瞬間から、テジョヨン将軍に仕える。テジョヨン将軍に忠誠を誓う…と言うイヘゴ将軍。忠…。忠…と叫ぶイヘゴ将軍とその配下。

今からでも遅くはありません。アイツらを処刑してくださいと懇願するミモサに、世間のどこにも、アイツらを助ける基盤はない…と言うテジョヨン将軍。しかし、イヘゴだけは違います…と言うミモサに、忠誠を誓ったのに、恐れていてどうする…と言い放つテジョヨン将軍。

配下の反対を押してまで、忠誠の誓いをさせてくれました…とお礼を言うコムに、イヘゴを生かしたのは、コムを俺の側に置きたかったからだ。何があっても俺を守れるか。最後まで俺と一緒にいれるか…と言うテジョン将軍。全ての願いを聞いてくれた将軍に最後まで仕えます…と言うコム。

緊急会議の場で。
ヨンジュからトルゴルが撤収した。新しい国を宣布する時が来たと配下に言うテジョヨン将軍。トンモ山を本拠地にする…と言うミモサ。

テジョヨン将軍と剣術の訓練をするコムを遠くから眺めるイヘゴ将軍。
コランの民を思うなら、テジョヨンではなく、俺を助けろ。ここを離れて、イヘゴの国を造る。俺について来るか。ここに残るか…と聞くイヘゴ将軍に、今は、外に出ても何もできません。ついて来たコランの民を見捨てることになりますと答えるコム。
こんな風にテジョヨンに奪われるんだな。俺はお前の父ではない。お前はテジョヨンの息子だ。お前も知っているんだろう…と言い放つイヘゴ将軍に、私は死ぬまで父の息子として生きます…と言うコム。
どこで死のうと、コム、お前を俺の息子と思っている。母を守ってくれ…と言うイヘゴに、行かないで…と泣くコムだが…。

アンシ城を出て行くイヘゴ将軍と配下。
イヘゴ脱出の情報を聞き、追跡してイヘゴの首を取れ…と配下に命じるテジョヨン将軍。次話へ。

スポンサーリンク