韓国ドラマ(魔女ユヒ)15話

スポンサーリンク

SBS韓国ドラマ(魔女ユヒ)15話のあらすじ(ネタばれ)です。

【主要登場人物】ハンガイン(マユヒ役)、チェヒ(チェムリョン役)、デニスオ(ジョニクルコ役)、キムジョンフン(ユジュンハ役)、チョンヘビン(ナムスンミ役)

病院のベンチで。
明日になれば私が先輩の妻になる。夢みたいだ。結婚する前に私に言っておきたい事はないの。先輩は何で私を選んだの。何で私なの…。私と結婚する理由は…と聞くユヒに、ただ、愛しているから…と答えるジュンハ。
私を愛しているの…と聞くユヒに、どうだろう。そういうの言わないといけないのかと言うジュンハ。
それでも理由を言って…と言うユヒに、パートナーだと思っている…と言うジュンハ。
病院の話を聞いた…と言うユヒに、ただの噂だ…と答えるジュンハ。呼び出され病院に戻るジュンハ。

カフェで。
明日、料理大会だって…。うまく行っているの…と言うユヒに、問題ないと答えるムリョン。
私は愛を受ける資格がないのかな。もしかしたら愛することができない女じゃないか。私みたいな魔女に…と言うユヒに、俺が言ったじゃないか。お前は愛を受ける資格が十分にある…と言うムリョン。
じゃ、何で私を振ったの…と言うユヒに、黙るムリョン。
今も愛されているじゃないか…と言うムリョンに、先輩は私を愛していない。病院が欲しくて愛している振りをしているの…と言うユヒ。
それは、本当なのか…と立ち上がるムリョンを止めるユヒ。
結婚は止めろ…と言うムリョン。

病院の事を言い、結婚は止めると会長に言うユヒだが…。
明日、父を後悔させることをするな…と言い放つ会長。

料理大会に参加するムリョンとマリ。
一時通過するムリョンだが、ユヒの事が気になり集中できない。
料理をすばやく作り終え、会場を飛び出すムリョン。
バージンロードを会長に連れられて歩くユヒ。
渋滞に会い、車から降りて走るムリョン。
牧師の前に立つジュンハとユヒ。
妻の道理を果たしますか…と言う牧師に答えないユヒ。
もう一度、妻の道理を果たしますか…と聞く牧師に、いいえ。この結婚はできませんと答え、式場を飛び出すユヒ。そこへ、ムリョンが…。一緒に逃げるムリョンとユヒ。

民宿に泊まるムリョンとユヒ。
さっきは余裕がなくて見れなかったけど、本当に綺麗だ。天女みたいだと言うムリョンに、早く食事をして…と言うユヒ。キスしようとする二人だが…、民宿の主人が…。
布団の上で。もう寝たの…何を考えていたの…と聞くユヒに、ユヒの手を握り、この手を絶対に離さないと考えていたと言うムリョン。私を必ず守ってねと言うユヒ。
ジュンハとチーム長が突然部屋に入ってきて連れて行かれるユヒ。

会長の病室で。
ムリョンに会うなと言う会長に、できない。あの人が好きなの…と答えるユヒ。
駄目だと言う会長だが…。

会長の病室を訪ねるムリョン。
身体はどうですか。私…と何か言おうとして、そのまま出て行くムリョンに、フランスに留学させてやるから、ユヒを諦めろと言う会長。申し訳ありませんが、そうはできません。ユヒ氏に対する会長のお気持ちは分かりますが、こういうのは、ユヒ氏を幸せにすることじゃありません。私をもう少し見ていてください。お嬢さんを愛しています…と出て行くムリョン。

MKグループ関連の広告をユヒの会社から全て引き上げるよう室長に命じる会長。
一方、コールドマンシェフが、ムリョンの料理を褒めていて、ムリョンをフランスに招待したいと言っていることをムリョンに告げるジョニクルコ。

会長を訪ねるユヒ。
これでも(広告契約の破棄)、あいつと別れないのか。止めれば元通りにしてやる。どこがよくて…と言う会長に、悪いところより良いところを先に見出せる人だし、何も与えなくてもありがとうといえる人だし、何が大切なのか、どうやって愛するのかを分かっている人で素晴らしい人。ムリョン氏と別れない。あの人がいないと駄目。私に…と言うユヒ。勝手にしろと叫ぶ会長。

ユヒのマンションで。
食事を作って待っているムリョン。
良い話と悪い話のどっちから聞きたいかと言うムリョンに、良い話から…とユヒ。
良い話は、ジョニクルコに会ったんだけど、料理大会の審査員だった最高のシェフが俺の実力を褒めてくれたこと…と、悪い話は、その方が直接俺を教えたいと言っている…と言うムリョンに、悪い話じゃないじゃない?と言うユヒ。
留学しないといけない。パリに…。少なくても2年間。大丈夫かと聞くムリョン。
ちょっと長いわねと言うユヒに、行くのを辞めて仕事を探すかと言うムリョンだが…。
狂ったの?いい機会なのに何で放棄するの。それに、私、無能な男は嫌いだから…。行って習って来て…と言うユヒに、それでもいいのか。俺を待てるのか…と聞くムリョン。

ムリョンに時計を買ってあげる為に時計ショップに行くユヒ。
必要ないと言うムリョンに、毎日11:11になったら、私を思い出すように買ってあげる…とレジにクレジットカードを出すが、カードが止められている。
マンションに帰ると全ての物に差し押さえの赤札が…。次話へ。

スポンサーリンク